NBAナンバー1PGの呼び声高いクリスポール、残すはチャンピオンリングのみ!?

 

クリスポール

いつの時代もNBAではNo.1ガードの存在がシーズンやプレーオフを大きく動かしてきましたが、今(2014)もっともその呼び声が高いのがクリスポールであることに異議を唱える人は少ないでしょう。

持ち前のパスセンス、ドリブル、フィジカル、シュート力、どれをとってもNBAの中でもトップクラスで、ポイントガードに最も必要なリーダーシップ、ゲームメイクも兼ね備えたスーパースターです。

その証拠に、これまでには新人王から、スティール王、アシスト王と数々のタイトルを獲得し、先日は2014NBAプレーオフのカンファレンスセミファイナルでサンダー相手に3ポイントを8本連続で成功させるといった得点力も兼ね備えたプレイヤーです。

 

 

ドリブルもパスもNBAトップクラスのプレイヤーがこれだけアウトサイドシュートが入るとディフェンスはどうやって守ればいいんでしょうね?

シューターであればボールを持たせなかったりタイトについてシュートを打たせないという指示が飛ぶんでしょうが、ポイントガードは最初からボールもってますし、タイトにつけば抜かれてそこからどんな展開でも出来るプレイヤーなので正直ある程度、外は捨てるしかしょうがないのかもしれません・・・

これまでに、現在在籍中のクリッパーズとその前に所属していたホーネッツの2チームでクリスポールはプレーしていますが、どちらもチームを躍進させたことは間違いありませんが、プレーオフではカンファレンスファイナル以降には進めておらず、チーム成績としてはまだまだ物足りないファンの方も多いでしょう。確かにここ数年はウェスタンカンファレンスのレベルが非常に高いと言われ、レイカーズやスパーズの陰に隠れていた部分はありますが、それでもセルティっクスやヒートがチャンピオンリングを獲っているのでそれは理由にならないでしょう。

個人タイトルやスタッツ、オールスターでのMVP、オリンピックでの2つの金メダルと輝かしい記録はとんでもないことですが、そういったタイトルはたくさん持っているけどNBAのチャンピオンリングだけ獲れないという選手はこれまでにも数多くいるので、現在29歳でまだ数年チャンスはありますが是非獲得して欲しいですね。

現在(2014.5.8)はプレーオフのカンファレンスファイナル真っ只中でセカンドシードのサンダーと(クリッパーズは第3シード)対戦していますが、2戦目まで終えてサンダーのホームコートでしたが1勝1敗という状況です。第1戦をクリッパーズが勝利していますが、クリスポールの3ポイント記録をともなった32点の活躍もあり、2戦目はサンダーの両エース、デュラントとウエストブルックの活躍で完全にサンダーのゲームだったのでまだまだなんともいえない状況です。

クリッパーズは相手のホームコートアドバンテージを1つ潰しているのでホームゲームを全て勝てば勝ち上がれる計算なのですが、流川も言っていたようにバスケは算数じゃないので相手チームのがシーズン成績が上ですし、MVPと得点王を受賞した乗りに乗っているデュラントが相手ですので一筋縄にはいかないでしょう。

 

 

見れば見るほど派手さと堅実さを兼ね備えた素晴らしいポイントガードですね。ポイントガードはジョンストックトンのような堅実なタイプかジェイソンウィリアムスのようなド派手なタイプに分かれることが多いのですが、その時々でどちらの顔も見せるクリスポールは相手にとって本当に「嫌な」プレイヤーなんだろうなと書いてて改めて思いました。

もちろん誰がよくて誰が悪いということではありませんが、歴代のNBAをみてもトップクラスのポイントガードであると管理人は思っています。チャンピオンリングを獲るためにはチームでの力が必要なので、現在でもド派手なダンクに加えて最近ではシュートレンジも広がってきたグリフィンなど有能な選手もクリッパーズには多いですが、それでもプレーオフが始まる前にクリッパーズがチャンピオンリングを獲るとファン以外で予想した人は5%もいないでしょう。

管理人もクリスポールを応援していますが、サンダーに勝って、スパーズに勝って、さらにファイナルで勝つかと言われると全く自信がありません・・・もちろん可能性が0な分けではありませんが、来シーズンからクリスポールが全盛期でいられるあと3.4年の間にチャンピオンリングを獲るためにはやはり補強が最も効果的で、オフェンス能力に問題があるとは思えないので、アイザイアがいたピストンズのようなディフェンス力のあるチーム(バッドボーイズという意味ではありません)になるよう補強されればもっと面白いチームになると管理人は考えています。

 

twitter

コメントを残す