DウェイドとAウィギンスがマッチアップ!ヒートがウルブズ下し4勝目

 

昨シーズンファイナルの大敗からレブロンジェームスの移籍と元王者の崩壊は避けられないといった雰囲気がおおいに流れた今季のオフシーズンでしたが、Dウェイド・クリスボッシュを中心にFA宣言をしながらも残留を決めたメンバーのプレーは昨シーズン以上とも感じさせてくれるほど躍動しています。

レブロンジェームスの抜けた穴はとてつもなく大きいことは間違いないのですが、ウェイドやボッシュがBIG3となる前のようにアグレッシブにゴールを狙いに行くシーンはファンにとってはたまりませんね。

ヒートは第6戦でミネソタティンバーウルブズと対戦し102-92で勝利しています。

4連勝から2連敗としていたヒートでしたが、これでまた波に乗っていけそうですね。

注目のウェイドとボッシュのスタッツですが、ウェイドが25得点8アシスト、フィールドゴール確率68.8%、ボッシュが24得点7リバウンドと期待通りの活躍となっています。

 

 

2014ドラフト1位指名のアンドリューウィギンスとのマッチアップシーンがとても印象的でしたが、動画タイトルにもスクールズウィギンスと名付けられるくらい先輩トッププレイヤーとして素晴らしいプレーの連続でした。

ゲーム終了後に耳元で何か言っているシーンも気になりますね。NBAの高いレベルでスタープレイヤー同士で引き継がれる何かといったところでしょうか?!

ウィギンスも10点取っていますが、ウェイドから学ぶ点が多かったことは間違い無さそうです。

 

 

クリスボッシュも好調を維持しています。

独特のレンジから放たれるアウトサイドシュートやドライブですが、明らかに昨シーズンよりもアテンプトの数が増えてますね。

昨シーズンは不調からかメディアに叩かれているシーンを年度も見ましたが、単純に点を取りにいくだけでもこれだけプレーが変わるところは流石です。

王者のインサイドを支え続けたその力にまだまだ期待してもよさそうですね。

プレシーズンマッチで活躍を見せたルーキーのシャバズネイピアはプレータイムもあまり与えられていないからか、まだ爆発的な活躍は見られませんね。

最も気になるのはマリオチャルマーズで、昨シーズンのファイナルからずっとスランプ?!といった内容となっています。

ウルブズ戦では、ハスレムが13分の出場で8得点、6リバウンドを記録していて、マイアミファンにとってはこれまたたまらないものとなっています。

ヒートの次ゲームはダラスマーベリックス、ウルブズはヒューストンロケッツとなっています。

毎週5試合生中継!NBA見るなら⇒WOWOW

 

 

twitter

コメントを残す