キャブスが今季2勝目!8人が2ケタ得点

 

今季のオフから最も注目を集めているチーム、クリーブランドキャバリアーズですが、1勝3敗と出足は思ったように勝てていませんね。

どんなスポーツでもいい選手を集めればいいわけじゃないとよく聞きますが、新チームとして完成するにはもう少し時間がかかりそうです。

キャブスは第5戦をデンバーナゲッツと対戦し、110-101で勝利し連敗を止めました。

ナゲッツのホームゲームでしたが、キャブスは第1クォーターから猛攻を仕掛け、38-20と大きくリードします。

これまでのゲームでは常にリードされる展開が続いていたので、こうなるとやはりその強さはさらに発揮されますね。

NBAでは20得点差を逆転するシーンも珍しくないですが、バスケット経験者なら誰もが知るように必要とするエネルギーと言ったら半端じゃないので、第1クォーターでこれだけの点差をつけられたことがどれだけゲームを優位に展開できたか想像がつきます。

 

 

これまでのゲームと違う点をもうひとつ挙げれば、2ケタ得点者が8人いたというところで、前ゲームではビッグ3の3人だけが2ケタ得点という状況だったのに対しどこからでも点が取れたというのはディフェンスからしても嫌だったでしょう。

最高得点はレブロンジェームスの22得点となっていますが、同時にアシスト数もトップで11本記録していて、リバウンドも7とまさにキングの働きをしていますね。

30点取ってみたり、10を超えるアシストをしてみたりゲームによってプレースタイルを変えられるレブロンジェームスの凄さをあらためて感じることが出来たゲームでした。

 

 

ベンチからコーチ陣を遮ってまで、もの凄く声を出しているシーンは印象的でしたね。

タイムアウト時にも大きな声で指示をしていました。

スコアラーだけでなくリーダーとしての資質も兼ね備えたキングの姿はヒートに移籍する前にキャブスでプレーしていた時とは明らかに違っています。

 

 

ケビンラブも好調を維持し、19得点8リバウンド、カイリーアービングは少し大人しい印象ですが12得点6アシストとなっています。

管理人の個人的には、ショーンマリオンが約32分に出場していて10得点6リバウンド、フィールドゴール確率66.7%とというスタッツがとても気になります。

まだ5/82試合ですが、早くチームとして完成しもっともっと強いキャブスの姿を見せてほしいですね。

次ゲームはアンソニーデイビス率いるニューオリンズペリカンズとなっています。

毎週5試合生中継!NBA見るなら⇒WOWOW

 

 

twitter

コメントを残す