Kデュラントに続き、Rウェストブルックも故障により戦線離脱

 

続々と開幕を迎えているNBA2014-15シーズンですが、人気チームの一つLAクリッパーズの開幕戦がホームにてオクラホマシティーサンダーを迎え入れておこなわれました。

結果や詳細の前に残念なニュースを一つ・・・

昨シーズンMVP・得点王のケビンデュラントを怪我で欠くサンダーですが、開幕戦でも38得点の活躍を見せたもう1人の主軸ラッセルウェストブルックもゲーム中に右手を負傷しました。

どれくらいの重度か定かではありませんが、骨折と報道されていて最悪4週から6週の欠場となるようです。

昨シーズンもウェスタンカンファレンスファイナルまで進んだ強豪チームだけにファンとしてはなんともいえない気持ちではありますが、2人の復帰を待ってもう一度あの強いサンダーを早く見たいものです。

 

 

開幕戦で38得点を挙げたウェストブルックでしたが、やはりその負担は計り知れないものだったのでしょうか?!開幕2試合目での1ヶ月を超える欠場にショックを隠せません。

正式な報道はでていないようですが、デュラントとウェストブルックが戻ってくる12月中旬あたりまで残ったメンバーで踏ん張って欲しいですね。

 

 

 

さて、ゲームの話に戻りますが試合は93-90でクリッパーズが開幕戦を勝利で飾っています。

ただ気になるのはそのスコアで、第2クォーターにウェストブルックが離脱したサンダー相手に後半スコアはリードされるという展開に少し驚きでした。

まあ勝てば問題ないと言われればそれまでですが、バスケットではこういったシーンはしばしば見られ、5人でやるスポーツということを再認識させられますね。(ウェストブルックがいた方が強いとは思いますが・・・)

昨シーズンと大幅なメンバー変更のないクリッパーズは、ブレイクグリフィンが23得点7リバウンド、クリスポールが22得点7アシスト、ジャマールクロフォードが16得点、デアンドレジョーダンが8得点10リバウンドとスタッツ的には申し分のないゲーム展開となっています。

 

 

新オーナーの開幕戦を勝利で飾れたクリッパーズは一安心と言ったところでしょうが、クリッパーズらしいプレーが何度も見られましたね。

クリスポールは相変わらず好調のようですし、グリフィンのアウトサイドシュートの精度も高かったです。

デアンドレジョーダンへのクリスポールのアリウープパスはこれ以上ないというくらいドンピシャでしたね。NBAではスローで見るとリングから頭が出ているシーンは何度も目にすることが出来ますが、その中でも上位に入るダンクシーンでした。

今シーズンもクリッパーズらしいド派手なバスケットでファンを魅了してくれることは間違い無さそうです。

次ゲームはサンダーがデンバーナゲッツ、クリッパーズがLAレイカーズとなっています。

毎週5試合生中継!NBA見るなら⇒WOWOW

 

 

twitter

コメントを残す