NBA2014-15シーズン、開幕前優勝予想

 

開幕の10月28日までおよそ1週間と迫ったNBAですが、web上での開幕前優勝チーム予想も盛り上がりを見せています。

どんなスポーツでもそうですが、開幕前から予想して細かいところまで当てるのはほとんど無理に近く、だからまた面白いと言う部分もありますね。

また、ファンチームも個人によって違いますし、どれだけ肩入れするのかによっても評価のバランスが異なってくるので開幕前の予想を見かけたら「へ~~」くらいでさらっと見ておくくらいが丁度いいのかもしれません。

web上での予想を見ると圧倒的に昨シーズンのチャンピオンであるスパーズを優勝予想チームに挙げている人が多いです。

これまで連覇のないスパーズですが、昨シーズンのプレーオフでの強さはファーストラウンドを除けば群を抜いていましたからね・・・大きなトレードもなく主要メンバーが変わらないまま2014-15シーズンも戦うことになるのでファンの反応がそうなるのも致し方ないところでしょう。

 

 

数ヶ月前のことですが、見返すとマイアミファンにとっては悪夢のようなファイナルも徐々に思い返してきます。

ドラフトやFA、トレードではほとんどスパーズの名前が挙がっていなかったですからね。。怪我の話を除けばNBA初の女性コーチが誕生したことくらいしかスパーズの報道を目にした記憶はありません。

こういった風に書いているとなんだかスパーズがあっけなく今年も優勝してしまいそうですがここで興味深い画像を一つ。

 

WS000003

 

日本ではあまり馴染みがないですが、海外ではバスケットの試合もレギュラーシーズンから賭けの対象になっていてとあるサイトの開幕前の優勝予想オッズです。

一番人気はレブロンジェームス、ケビンラブ、ショーンマリオンなどが移籍したクリーブランドキャバリアーズの4.0倍となっています。

昨シーズンプレーオフにも進出していないチームがまだ本気のゲームを見せていないのにすでに一番人気になっていることにとても驚きですが、レブロンジェームス、ケビンラブ、カイリーアービングの新ビッグ3は、世界中で大注目されているということがよく分かりますね。

 

 

確かに強そうにしか見えませんが、今季から新しく就任したヘッドコーチ、デビットブラットの手腕にも注目が集まります。ヨーロッパで成績を残したヘッドコーチですが、NBAでの経験はなくどのようにBIG3を中心にゲームをつくっていくんですかね?!非常に興味深いところです。

続いて3番人気にオクラホマシティーサンダーとなっていますが、こちらは昨シーズンMVPのケビンデュラントが故障する前のものなので、レギュラーシーズンで上位に入れなければプレーオフの戦いがより厳しくなるのは間違い無さそうです。

若いプレイヤーの多いチームなのでスタミナ的には問題ないかもしれませんが、ウェストブルックやサージイバカなど中心選手は故障の危険性を抱えていますからね・・・爆発した時の強さはNBA1とも言われていますが、ここまで勝てていないのには様々な理由があり多くのファンはなんとなく今年も・・・と思っているのも事実です。

web上ではこれまでに挙げた3チームを予想する方がほとんどで、残りのチームが優勝する可能性は非常に少ないともとれる内容でした。

確かに強いし見ていて興奮するチームは他にもたくさんありますが、優勝するにはなにかが足りない気がするというのが本音といったところでしょうか?!

 

 

賭けサイトの順に見ていくと続くのはクリッパーズとシカゴブルズで、クリッパーズは主要メンバーがあまり変わったイメージがない(個人的にはターコルーの加入が気にはなりますが・・・)ので昨シーズン3位の強さは維持すると思われますが、それ以上の成績はブレイクグリフィンのプレー次第のようにも感じます。クリスポールはすでに完成していますし今でも充分に凄いですが、ここから飛躍的に伸びるということは考えにくいでしょう。

成績がどうなるかは別としてシカゴブルズはデリックローズが完全復活を遂げれば最も予想が難しいチームになるかもしれません。両膝の故障からどれだけ以前のようなプレーをすることが出来るのか定かではありませんが、2シーズン前まではどこも止められなかったプレイヤーですからね。。ディフェンスがいいプレイヤーが多いですし、カルロスブーザーこそ放出してしまいましたが、ノアとガソールのインサイドがどのように機能していくのかもとても楽しみです。

先程web上での予想の傾向を書きましたが、ここまでの5チームでホントにほとんどが埋め尽くされています。

ジェームスハーデン、ドワイトハワードのいるロケッツや日本でも人気の高いステファンカリー、クレイトンプソンがいるウォリアーズもその人気とは裏腹の予想オッズとなっています。優勝するには何かが足りないというのが最も当てはまる2チームなのかもしれません。

また、2年連続でイースタンカンファレンスの首位を争ったヒートとペイサーズですが、レブロンの移籍とポールジョージの怪我でここまで倍率が落ちているのもなんだか寂しいですね。

ペイサーズはポールジョージが全く出れなければスティーブンソンも放出していますし厳しいシーズンになると思われますが、ヒートはビッグ3のうちウェイドとボッシュは残っていますしチャンピオンリングを獲得した時のメンバーもチャルマーズやアンダーセン、ハスレムとまだまだいますから王者再建に期待したいところです。

 

 

昨シーズンプレーオフ進出を逃したNBAを代表する2大チーム、ニックスとレイカーズはたいへんなオッズになっていますね・・・

ニックスは今シーズンからフィルジャクソンが球団社長に就任し、ヘッドコーチにはフィルジャクソンの指揮の下5度チャンピオンリングを獲得しているデリックフィッシャーが就任しているので、世界でも数少ないトライアングルオフェンスを熟知した2人がどのようにチームに浸透させカーメロアンソニーを中心に勝ち上がっていくのかとても楽しみです。

一方のレイカーズはアキレス感の断裂から膝の故障で2シーズン前のプレーオフあたりからまともにプレーしていないコービーブライアントの復帰に期待が高まります。

今年で36歳となるため以前のような爆発的なスコアは期待できないかもしれませんが、プレーシーズンマッチでも25点以上のゲームを何度か見せていて、やはりその存在感の違いは明らかでしょう。コービーが1シーズンまともにプレーできるようであればカルロスブーザーも加入しましたし昨シーズンのような結果にはならないと信じたいです。

開幕前に優勝を予想できるとしたらこれまでに挙げたチームかなと思いますがさすがに多すぎですね・・・まあ可能性としては賭けサイトのオッズの順が正しいんだと思います。

言ってもまだ開幕前ですからね・・・優勝チームうんぬんよりもオールスター前あたりまでは新チームがどのようにプレーしていくのか注目して、より素晴らしいプレーに期待したいところです。

最近怪我の報道がとても多いので(少しの怪我でも報道されるようになったのもありますが)怪我だけは少しでも減ることを祈って開幕を待ちましょう。

 

 

twitter

1件のトラックバック

コメントを残す