ステファンカリー|美しくもえげつないほど入るスリーポイントに日本人ファン急増中!

 

ステファンカリー

NBA屈指の3ポイントシューターであるステファンカリーは、シーズンの最多3ポイント成功数の記録を持ち、現在(2014)25歳とこれからのNBAを背負っていくポイントガードプレイヤーの一人と言えます。

2014年のオールスターゲームではファン投票でメンバーに選ばれるなど実力と共にその人気もうなぎのぼりで、日本でもツイッターなどのソーシャルネットワークでカリーの写真を使用しているファンをよく見かけます。

入りだしたら止まらないその3ポイントはまさに脅威で、相手にとってのダメージはとてつもなく大きく、その美しいシュートフォームとは裏腹にえげつないほど入る3ポイントは、気付けば点差がついていたり、追い上げていたりといったことが多々あります。

一瞬でも隙があれば迷わずシュートを打ってくるので、ディフェンスも全く気を抜けず、そのバスケットセンスは当然3ポイントシュートだけにとどまらず、執拗につめられれば巧みなボール捌きからドライブし相手をかわすシュート、またアシストもとても上手な選手です。

 

 

今回(2014)のプレーオフではクリッパーズのクリスポールとのマッチアップで熾烈なポイントガードの戦いを繰り広げていましたが、第5戦の残り数秒でウォリアーズボールで残り時間は8秒ほどの時にスクリーンとドリブルテクニックで3ポイントを狙うカリーにクリスポールがものすごい形相で、相手スクリーンを掻き分けて一瞬も3ポイントを打たす隙を与えなかった瞬間は見ていてとても興奮するものでした。

いまやNBAのNo1ガードとも言えるクリスポールがそれだけのディフェンスをしないといけない相手というのはNBAといえど数えるほどしかいないでしょう。

それに、クリスポールでなくてもアリーナの観客やテレビを見ている誰もがその状況ならカリーが3ポイントを打てば入れると思っていたことが、考えれば考えるほど凄いことです。

正直、日本のプレイヤーからするとめちゃくちゃなシュートと思えるものもありますが、シュートを決めた時のネットの弾みが美しくスプラッシュブラザーズと呼ばれる相棒のトンプソンや、プレーオフへ進出するほどの実力者の揃うチームメイト、名シューターだったスティーブカーHCが何も言わないのですから、チームとして認められているプレーなのでしょう。(実際に入っていますし・・・・・)

 

 

しかし、今後NBAで勝ち抜いていくためには今と同じプレーでは難しいということは多くの方が感じていて、チームのプレーとしてシューティングゲームが得意ですが、現実にプレーオフではファーストラウンドでやぶれ、3ポイントの成功数は多くても、確率的にはチームとして上のチームは多く、48分の間に攻めれる回数は限られているのでより正確なセレクトが求められるでしょう。

と言っても今のチームで同じメンバーであれば、今のスタイルが最も当てはまっているとHCは考えて多くのファンもそう思っているので、カリーがリングを獲るためには、移籍かウォリアーズへのフロントコート人の大型補強が必要になるのは間違いなさそうです。

追記

上記は、2014のプレーオフでクリッパーズに敗れた後に書いたものですが、翌年早くもそれが間違いであると思い知らされました。

2014-15シーズンをウェスタンカンファレンス首位で駆け抜けたウォリアーズは、アウトサイドシュートを主体としたチームバスケットで見事にチャンピオンリングを獲得しています。

フィールドゴール確率、3ポイント確率共に上昇していますが、チームのバスケットがさらに完成度を増し、とんでもない爆発力と安定性を兼ね備えた印象がとても強かったです。

カリー自身もシーズンMVPを獲得し一気にNBAのスーパースター入りを果たしました。

 

 

 

 

外は水物とバスケットの世界ではよく耳にしますが、そんな言葉を超越したアテンプトと成功確率で、ここまで勝敗を左右する3ポイントシューターは長いNBAの歴史の中でもずば抜けているように感じます。

2015-16シーズンに入ってもその勢いは衰えるどころかさらに加速し、開幕から16連勝というNBA記録も樹立しました。

カリー自身も平均得点30点を超える活躍を見せていて、今季はチームタイトル・個人タイトル共に期待しているファンも少なくないでしょう。

 

 

 

 

2015-16シーズンも間違いなくウォリアーズを中心にまわることが予想されますが、その中心となるステファンカリーには世界中のバスケットファンが注目することでしょう。

毎週5試合生中継!NBA見るなら⇒WOWOW

 

 

twitter

1件のトラックバック

コメントを残す