ケビンデュラント右足負傷、全治6~8週間の見込み

038

 

昨シーズン、シーズンMVPを獲得したケビンデュラントが右足の小指を疲労骨折し、全治6~8週間の見込みであることが報道されました。

骨折という響きにかなり動揺してしまいましたが、足の小指ということで不幸中の幸いというべきなのでしょうか?!

シーズンのためにワールドカップを辞退したケビンデュラントでしたが、それでも疲労骨折になってしまうということは、余程昨シーズンでの負担が大きかったのでしょう。

全治6~8週間ということで、NBA開幕には間に合わず20試合前後消化した段階からの復帰となると思われますが、プレーオフを見越せば少しでも勝率を上げて上位にいきたいのはどのチームも同じなのでウェストブルックやイバカなど他のスター選手に期待したいところです。

 

 

それでもやはりデュラントが抜けるというのはサンダーにとってはこれ以上ない痛手ですね・・・

ウェストブルックがプレーオフを欠場し想定外の敗北を喫したことは記憶に新しいところではありますが、それ以上のインパクトがある選手ですからね・・・

毎試合30点取ってくれるプレイヤーはNBAといえどそれほどいるわけではありません。

ただ、何を言っても起こってしまったことなので、デュラントが抜けたチームがどのようなプレースタイルで戦っていくのか、デュラントが復帰した後にこれまでのスタイルに素早く対応できるのかなど見所は多いです。

 

 

チームのTOP10プレーにデュラントの登場が多いことからもその存在感を理解することが出来ますが、ウェストブルックをはじめとした他のシーンも素晴らしいですし、ここ数年は常に強豪犇くウェスタンカンファレンスの上位チームに君臨しているチームなのでシーズン序盤をなんとか乗り切り、ベストメンバーが揃ったところでまたあの爆発力のあるオフェンスを展開してほしいものです。

デュラントの復帰までにサンダーから故障者が出ないことを願って今回はこのあたりで。

 

 

twitter

コメントを残す