日本バスケリーグ統一化に暗雲?!企業側がチーム名に反発

050

 

NBAに先駆けて日本のプロバスケットボール、BJリーグも開幕しましたが、日本バスケリーグの統一化への動きには暗雲が立ち込めているもようです。

FIBAからトップリーグが複数あることを指摘され、警告まで受けている日本バスケットボール協会ですが、2014年の年末までに何かしらの動きがなければ世界大会不参加などの罰則が与えられる恐れもあります。

アジア大会でも中々勝てない日本男子バスケットはしばらく世界大会の表舞台に姿を現していませんが、直近のアジア大会ではメダルを獲得していますし、それだけは避けてほしいところですね。

 

 

統一化のために創設されたNBLもJBLとBJリーグ間で完全プロ化の問題点など様々な理由で両リーグの全チームが参入することはなく、現在も2つのリーグが同時に進行している状況です。

一時はBJリーグからは日本代表選手を出さないというほど険悪な状況でしたが、現在はやや緩和されたようにも見えます。

ただ、年末までのリアクションで今回問題が生じたのはチーム名の問題で、地域+愛称でチーム名を構成するという方針に企業チームが猛反対しました。

「宣伝」という意味もこめて多額な金額を使っている企業チームからすれば当然といえば当然なのですが、NBAを見ても会社の名前が入ったチームはありませんからね・・・NBAでは公募で決定したチームも少なくなく地元ファンに愛されるのもよく分かります。

 

 

あのレブロンでもオーナーにはさすがに気を使っているように見えますねww

オーナー制と企業運営ではまた大きく意味合いも異なってきますので一概には言えませんがどちらにせよ誰かがお金を出さなければ成り立たないのは事実なので、ごちゃごちゃ言わせないほど日本のバスケットリーグが価値のあるものだと認めさせて欲しいモノです。

リーグの統一化の問題は正直とても難しいと管理人も思っていて、むしろ統一化よりもどちらかをなくし一本化したほうが早いようにも見えるほどです。

そうなればそうなったで、NBLが残れば日本からまたプロバスケットリーグがなくなる可能性もありますし、BJリーグが残り人気が伸び悩みスポンサーが今以上増えなければ選手達に満足なサラリーが払えず、バスケットで食べていくことを断念する有能な選手も出てくるかもしれません。

こういうことをお先真っ暗とか悪循環というんでしょうね・・・・・

サッカーや野球はどのようにしてあれほどまでのプロリーグに仕上げたのか協会のお偉方に期待するしかなさそうです。

 

 

今シーズンオフのドワイトハワード、ワークアウトの映像ですが、世界のトッププレイヤーがこれほどまでにハードで効果的と思われる練習をしているさなか、世界ランク46位の日本が国内リーグの揉め事とは悲しい気持ちになってきます。

若い世代には体格、身体能力的にもこれまでよりアジア圏以外でも通用するプレイヤーが増えてきているので、少しでも世界に近づけるようにリーグの問題はこの辺りにして若い世代の育成により力を注いで欲しいモノです。

 

twitter

コメントを残す