NBAプレシーズンマッチから白熱!ピアスとノアが小競り合い

開幕を前にプレシーズンマッチで各チーム最後の調整段階に入っていますが、ウィザーズVSブルズのゲームで小競り合いがあり罰金及び出場停止処分が下されました。

意外と多いNBAの乱闘シーンですが、プレーシーズンマッチの開始3分でおこるとは余程のことですね。

昨シーズンのプレーオフ、ファーストラウンドでもいざこざがあり、その因縁かとも思われましたが、小競り合いのきっかけとなったのは今シーズンオフに移籍してきた大ベテランのポールピアスなのでこれまた??といったところです。

 

 

プレシーズンマッチの開始3分でこのファールをするのはおそらくピアスくらいでしょうが、思ったよりもきれいに首に入ってしまったというようにも見えますね。(完全にラリアットになってしまっています)

すぐにバトラーに歩み寄っていますが、バトラーも頭にきていたのか(そりゃきますが・・・)完全に無視しているのでピアスが逆切れしたといったところでしょうか?!

その後近くでずうっとなんか言ってますからね・・・怖い・・・

ノアが、かばって間に入りましたが火に油を注いだような結果となってしまったのが残念です。

「お前には関係ないだろう」「引っ込んでろ」というピアスの声が聞こえてきます・・・

このプレーで当事者であるノアとピアスにはそれぞれ150万ドルの罰金が科せられたほか、ベンチを離れたウィザーズのメンバーにも出場停止処分が下った模様です。

管理人がこの動画で最も目がいったのは小競り合いが起こった際のデリックローズの止めに入る表情で、ホントにやめてほしそうなその表情からもプレシーズンマッチでの調整にかける思いが伝わってきますね。

白熱すればするほどおもしろいNBAではありますが、よからぬ方向に行くのは出来るだけ避けてほしいところです。

 

 

twitter

コメントを残す