富樫勇樹選手、マブスのキャンプへ参加!NBA開幕ロスター目指す

NBAサマーリーグにダラスマーベリックスのメンバーとして参加し、特集動画になるほど話題を呼んだ富樫勇樹選手がマブスのキャンプに招集されたという報道がありました。

キャンプへ参加し、プレシーズンマッチなどを経て開幕ロスターを目指すカタチとなりますが、開幕ロスターに選ばれれば2004年の田臥選手以来、2人目の日本人NBAプレイヤーの誕生となります。

あれからもう10年も経つのかと思った方も少なくないでしょうが、期待に胸が膨らみますね。

 

 

当サイトで何度この動画をアップしているか分からないほどですが、サマーリーグでは当初3番手のポイントガードだった富樫選手が2番手のポイントガードの遅刻によりプレータイムが増えてこの活躍ですからね。。何度も載せたくなるのも理解していただけると思います。

プレータイムが増えたといっても10分ちょっとの世界なので、余程準備が出来ていたということでしょう。

このゲームがキャンプ召集に繋がったことは間違いありませんし、こういった世界ではよく言われる「運」も本当に必要なんだと再認識させられますね。

富樫選手は11日に渡米予定で、マブスの11日以降のプレシーズンマッチは13・18・19・21・24・25日の6試合となっているので13日に間に合うのかは定かではありませんが、残りのゲームでもプレータイムが与えられれば上の動画のような活躍に期待したいところです。

 

 

 

 

開幕ロスターに選ばれるかどうかは別としても、サマーリーグと違いルーキー以外のNBAプレイヤーと同じコートに経つことはもの凄い経験になりそうですし、ショーンマリオンやビンスカーターは移籍してしまいましたが、ノビツキーと富樫選手がプレシーズンマッチであっても一緒にプレーするシーンが見られるかもしれませんね。

10年振り、2人目の日本人プレーヤーが誕生するのを夢見て今回はこの辺りで。

 

 

 

twitter

コメントを残す