今季ドラフト1位、2位のAウィギンス、Jパーカーもプレシーズンマッチ好調

041

 

プレシーズンマッチも始まりいよいよ開幕間近のNBAですが、今シーズンオフはトレードやFIBAワールドカップなど話題がとても豊富でした。

その中で6月におこなわれたドラフトにて1位、2位指名を受けたアンドリューウィギンス、ジャバリパーカーもプレシーズンマッチデビューを果たし、その存在感を早くも示してます。

ドラフト1位のアンドリューウィギンスがレブロン復帰のキャブスからケビンラブ獲得のためにバックスへ移籍したことは残念ではありますが、プレータイムはおそらく伸びると思われるので悲観せずに期待したいところです。

 

 

デビュー戦でこの活躍ですか・・・NBAのドラフト1位というのはホントに恐ろしい選手が出てきますね。(入団後活躍できない選手も少なくありませんが・・・)

プレシーズンマッチといえどペイサーズにジョージヒルやロイヒバートの姿も見えましたからね・・・ジョージヒル相手にポストからのジャンプショットはジョーダンやコービーを思い出した人も少なくないのではないでしょうか?!

3ポイントも得意とし、高さのあるリバウンドなど数少ないNBA次世代エースの1人であることは間違い無さそうです。

 

 

 

ドラフト2位のジャバリパーカーは指名権を受けたバックスで新ヘッドコーチ、ジェイソンキッドと共にレギュラーシーズンにのぞみます。

昨シーズンはリーグ最低勝率となったチームをどこまで向上させられるのか注目が集まりますね。

 

 

その他にも注目ルーキーは多く、ジェエルエンビードも怪我から復帰すればシクサーズで即戦力となりえる可能性はありますし、コービーの復活が期待されるレーカーズのジュリアスランドルが上位指名者の中でもっとも強豪チームでプレーすると思われます。

1年目から驚くような活躍を見せるプレイヤーはNBAの中でもホントに少ないですが今後のNBAをより楽しませてくれるのはルーキー達ですからね。次世代NBAのためにも怪我なくより飛躍してくれることをのぞむばかりです。

 

 

twitter

コメントを残す