FIBAワールドカップ、カイリーアービングがMVPを受賞

アメリカが圧倒的な強さで連覇を果たし終焉したFIBAバスケットボール・ワールドカップですが、クリーブランドキャバリアーズのエースガード、カイリーアービングがMVPに選出されました。

アービングは、予選から9試合全試合に出場していて、プレータイムはチーム最多となる平均24.3分となっていて、コーチ陣からの信頼やアービングの調子のよさがそのことからも見て取れます。

1試合平均の個人スタッツでは、得点が12.1得点でチーム5位、アシストが3.6アシストでチームリーダー、スティールが1.9アシストでチーム2位とポイントガードとして申し分のないスタッツを残しています。

圧巻なのはフィールドゴール確率で、45/80の56.1%としていますが、3ポイントが14/23の60.9%と2ポイントの54.4%を上回っています。

さすがコンテストチャンピオンと言えますが、やはりNBAに比べれば各ゲームの点差から考えても相手ディフェンスが甘く感じるのでしょうね。世界大会なんですが・・・

 

 

 

決勝戦では26得点をマークしチームリーダーとなっていますが、3ポイントが6/6の100%、2ポイントが4/7の57.1%でフィールドゴール確率10/13の76.9%と尋常じゃない数字を残していて、来季からレブロン、Kラブが加わるキャブスがどんなチームになるか今から楽しみで仕方ありませんね。

正直MVPにはステファンカリー、クレイトンプソン、ジェームスハーデン、ケネスファリード、アンソニーデービス、カイリーアービングの6人なら誰が選ばれてもおかしくありませんでしたが、決勝でのアービングのパフォーマンスは凄すぎますね・・・

FIBAバスケットボール・ワールドカップ2014、全試合動画付ハイライトはこちら。

アービングはこれで、NBAの新人王、3ポイントコンテスト、オールスターMVPに続きビックタイトルを獲得したことになりますが、来季から新ビッグ3となるキャブスで、シーズンMVP、チャンピオンリング、ファイナルMVP、NBAファーストチームなど更なるビッグタイトルに期待したいところです。

 

 

twitter

コメントを残す