ポイントガードのお手本にするなら間違いなくこの人!ジェイソンキッド

 

ジェイソンキッド

NBAの歴代の名ポイントガードといえば、アイザイアトーマスやマジックジョンソン、ジョンストックトンなど様々な名前が上がってくると思いますが、ポイントガードのお手本として見たときに最もその存在に近いのがジェイソンキッドであると管理人は思います。

ポイントガードが必要とされるリーダーシップ、正確なパス、的確なペネトレイトとアウトサイドシュート全てを兼ね備えたプレイヤーで、日本人のバスケットプレイヤーも学ぶところは多いです。

ビハインドパスなど派手なプレーはたまにしか見せませんが、ディフェンスを見て見方の合わせに的確なパスを出した瞬間は、一瞬時が止まったように誰もが「ナイスパス」と発してしまいますね。

もちろんパスだけでなく、ドライブからのシュートや3ポイントもマルチにこなせるので相手ディフェンスとしては非常に嫌な存在だったことは間違いありません。

 

 

しかし、それほどの実力者でもNBAでの成績は厳しいもので、NBA入団後の2チーム(マーべっリックス、サンズ)では個人的には記録も残していましたが、チームとしてはプレーオフに出るのがやっとといった状況でした。

チーム成績が上がり始めたのは3チーム目のネッツに入ってからで、ケニオンマーティンやビンスカーターといったスタープレイヤーと共にリーグでもプレーオフでも素晴らしいプレーを見せてくれたネッツはファイナルにも2度進出していて、もう一歩のところでチャンピオンリングは逃しましたが、負けた相手はシャック&コービーのスリーピートの年のレーカーズとロビンソンとダンカンのツインタワー全盛期のスパーズだったのでインサイドプレイヤーに差があったため致し方ないところでしょう。

 

 

その後ネッツからマーベリックスにサイド戻ったキッドはノビツキーらと共に念願のチャンピオンリングも手に入れています。

バスケットではガードプレイヤーが目立つ試合はよくないとかポイントガードが0点で勝てる試合がベストだということもしばしば言われていますが、キッドのようなプレイヤーがボールを持ちすぎてゲームの流れが悪くなるということは実際にありますが、しかしそれは周りのプレイヤーが簡単に点を取れない場合に起こることだと管理人は考えます。

結果的に、ケニオンマーティン、ビンスカーターではなくノビツキーがエースのチームのガードをしていた時に最高の結果を出せたわけで、いいポイントガードがいたとしても有能なスコアラーがいなければNBAでは勝てないということですね・・・

バスケットは5人でやるものですが、NBAのレベルではそんなことは当たり前の大前提で、その中であれほどゲームで突出して見えるプレイヤーがたくさんいるということでしょう。やばいですねやっぱりNBAは・・・

ポイントガードはバスケットの中でも最も難しいポジションという方も少なくないので、バリバリ現役の方は是非参考にして明日から練習に励みましょう!

 

twitter

2件のコメント

  • 匿名

    ネッツが2年連続ファイナル進出した際にはまだカーターはいませんでしたよ
    当時のバックコートはキッド、ケリー・キトルズ、リチャード・ジェファーソンです

    • basketball

      こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      すみません。ネッツ時代にプレーした選手という表記でしたが分かりにくいですね。
      今読み返してもそのように読めました。

      ご指摘ありがとうございます。

コメントを残す