3年連続ブロック王に輝いた「勉族」マーカスキャンビー

マーカス・キャンビー

勉族という大きなタトゥーを右腕に入れていたことから日本人ファンもとても多かったマーカスキャンビー。

当時テレビを見ながらどういう意味?!と思ったNBAファンの方も少なくないと思いますが、勤勉の勉と家族の族をとった造語のようです。

ド派手なブロックショットやダンクが魅力の選手でもありますが、オフェンスディフェンスに渡るリバウンドやブロックショットにならないまでもマークマンやカバーリングで相手のシュートを外させるディフェンスなどキャンビーにぴったりのタトゥーであったのかもしれません。

 

 642px-Marcus_Camby_Clippers_cropped2

出典:ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons)

 

多くのスター選手が名を連ねる1996年のドラフトで、全体2位指名を受けたマーカスキャンビーですが、1位はアレンアイバーソンでその他にも4位にステファンマーベリー、5位にレイアレン、6位にアントワンウォーカー、13位にコービーブライアント、15位にスティーブナッシュ、17位にジャメンオニール、24位にデリックフィッシャーとなっていてその中でアイバーソンに続く2位で指名されたことはキャンビーのポテンシャルに対する期待の大きさを物語っているといえるでしょう。

 

 

ニックスやナゲッツの印象が強いファンの方が多いと思われますが、ルーキーイヤーから2年はトロントラプターズでプレーしその後ニックスで4年、ナゲッツで6年プレーしています。

ルーキーイヤーから14.8得点、6.3リバウンド2.1ブロックと素晴らしい記録を残したキャンビーですが、キャリアでの平均得点はルーキーイヤーがベストで、その後はブロックショットをはじめとしたディフェンスやリバウンドで頭角をあらわしていくことになります。

211cmという身長に似つかわしくないスピードに加えて長い手足でブロックショットを量産したキャンビーは2005-06シーズンから3年連続でブロック王を獲得していてキャリア平均でも2.4本と全盛期を過ぎたナゲッツを去った後もその存在感が0になることはありませんでした。

 

 

このブロック3連発が36歳にポートランドでプレーしていた時の映像なのでこれだけみても身体のより動いた全盛期がどれほど相手にとって驚異的だったかというのが想像できますね。

ただインサイドの気迫溢れるプレイヤーに多い乱闘騒ぎもキャンビーは少なくない選手の一人でした。毎度書いていますがそういった部分は決して真似しないようにしましょう。

 

 

36歳の時にこのプレーですからね・・・こちらからも若かれし頃にどれだけ血の気が多いプレイヤーだったのかと考えてしまいますが下の動画ではニックス時代にやはりたいへんなことになっています。

 

 

相手ディフェンスの悪質なスクリーンアウトも事の発端ではありますが、ゲームの途中におもいっきり振りかぶって殴りにいく選手は数あるNBAの乱闘シーンでもそれほど多くありません。

ヘッドコーチのヴァンガンディーが止めに入っていなければパンチはヒットしもっと大事になっていたでしょう。ヴァンガンディーは大男と正面衝突し軽い脳震盪を起こしてしまいましたが、キャンビーへの罰則のことを考えるとチームのために体をはったといったところでしょうか?!

最後は少し話がそれてしまいましたが、インサイドプレイヤーの方は乱闘シーン以外のプレー、特にディフェンスでのカバーリングのタイミングなど日本人でも参考になる部分は多いのでインサイドプレイヤーの方は映像が古いので見にくい部分はありますが何度も繰り返し見て明日からのプレーに活かしてくださいね。

 

 

twitter

コメントを残す