気迫溢れるプレーで最優秀ディフェンス賞も受賞したジョアキムノア

ジョアキム・ノア

NBA2013-14シーズンに最優秀ディフェンス賞を獲得したジョアキムノアは2007年にドラフト1巡目全体9位でシカゴブルズに指名され、7年シカゴブルズでプレーし6度チームをプレーオフに導いています。

とにかくファイト溢れるプレーが魅力のジョアキムノアですが、オフェンス、ディフェンス問わず大声を出しながら気合の入ったプレーに魅了されるファンは少なくありません。

211cmという身長で、シュートレンジこそ広くないもののフランス人の父、スウェーデンの母から受け継ぐ細かなテクニックはパスやフェイクなど気合だけでは当然通じないNBAのインサイドプレーで冴え渡っています。

 

 

シカゴブルズへ入団後3年目からはプレータイムも安定し、シリーズ平均得点も2ケタに乗せたノアは、リバウンドでも2ケタを記録する活躍で縁の下ながらチームを支えて来ました。

最優秀ディフェンス賞を受賞した昨シーズン(2013-14)にはキャリアハイの11.2リバウンドを記録していて得点もキャリアハイの12.6得点となっています。

またデリックローズの故障によりここ2年間ではアシストの数も増えていて昨シーズンは5.4アシストと素晴らしい記録も光りますね。

気迫溢れるプレーが目立つノアですが、スタッツであらためて見るとチームへの貢献度が非常に高いことがよく分かります。

 

 

チーム成績では入団の翌年から全てプレーオフに出場しているものの、一時代を築いたセルティックスのビッグ3や、キャブスのレブロン、ヒートのビッグ3の前に敗れていて、デリックローズを怪我で欠くここ2シーズンは強豪のイメージはあるもののそれほど上にいける印象を持っていた方はブルズのファン以外には少ないでしょう。

来季からはデリックローズが復活しますし、カルロスブーザーは移籍してしまいましたが、レイカーズからパウガソールを獲得しているので、ヨーロッパ系の新たなツインタワーの活躍にはおのずと期待が高まりますね。

 

 

 

ただ、気迫溢れる言動がよからぬ方向に行ってしまうことも少なくなく、見ていてもやりすぎと感じるシーンも多々あるのは事実です。

相手選手とのトラッシュトークだけでなく見方選手やコーチ陣との対立も過去にあるので、そういった部分はおさえてほしいものです。

 

 

リング下での激しいポジション争いから乱闘騒ぎになることも少なくないNBAですが、上の動画のようなシーンはあまり見ませんね・・・完全に煽ってますしプレーとは関係ありません・・・

来年で30歳を迎えるノアですが、身体や経験的にはほぼベストと言えるので、精神面でもいい状態にもっていって、来季大きく変わるであろうイースタンカンファレンスでこれまでのキャリア最高であるカンファレンスファイナルでの敗退を超えてファイナル進出を狙ってほしいところです。

 

 

twitter

コメントを残す