NBAセンターの新時代を築くアンソニーデイビス

アンソニー・デイビス

マイケルジョーダンの最初の引退辺りからアキームオラジュワンを中心にしばらく続いたNBAでのセンタープレイヤー全盛期もシャキールオニールの引退と共に影を潜めていましたが、これまでのNBAセンターとは違ったスタイルで新たなインサイド主体のバスケットを期待させてくれるアンソニーデイビス。

208cmとNBAのインサイドプレイヤーの中では決して大きい方ではありませんが、スピード、細かいステップ、長い手足を武器にしたインサイドプレーに加えてシュートレンジが広く相手にとってはとても嫌な存在となっています。

また、パワープレーに関してもNBA入団後ウェイトトレーニングにより体重を10kg以上増加したと言われており、それでいてスピードの落ちないプレーはセンタープレイヤーの新たなスタイルをイメージさせてくれます。

 

 

2012年にドラフト全体1位でニューオリンズペリカンズに指名されたアンソニーデイビスはルーキーイヤーからシリーズ平均13.5得点、8.2リバウンドを記録し、翌年にはそのスタッツを飛躍的に伸ばしシリーズ平均得点20.8得点、10.1リバウンド、2.8ブロックと一気にNBAのスター選手へと名乗りを挙げました。

2.8ブロックは昨シーズン(2013-14)のNBAリーダーとなっていて、入団2年目で早くもタイトルを獲得しています。

動画を見ると不思議と208cmもあるように見えないのですが、それはスピードや動きが他のそれくらいの身長のプレイヤーと異なるからでしょうか?!

それでもブロックショットはスローで見れば考えにくい高さですし、体制が崩れた状態からのダンクやアリウープはそれだけ高さがなければ出来るものではありません。

こういったセンタープレイヤーは日本ではもちろんのことNBAでもあまり見かけることがないので、より大きくて動ける選手が今後多く出てくると感じさせてくれるプレイヤーと言えます。

 

 

このようなセンターらしくない動きはアンソニーデービスがもともとガードプレイヤーであったことからも可能であると言われていて、高校時代に20cm以上身長が伸びインサイドプレイヤーへポジションチェンジしたことが今のプレーに大きな影響を与えていることは間違い無さそうです。

漫画「スラムダンク」山王の河田兄も同じような境遇で顔に似合わない細かいテクニックも兼ね備えていましたが、センタープレイヤーだからといってインサイドのポストプレーばかり練習するというのは正解ではないのかもしれませんね。

もちろんポストプレーが出来ないのにアウトサイドシュートや速攻の練習ばかりしていては本末転倒ですが、特に小学校や中学校からはどれだけ身長が伸びるか分かりませんし、アンソニーデービスのように身長が伸びず、逆にセンタープレイヤーからガードへ転向しなくてはいけないというときには非常に苦しんでいるプレイヤーをよく見るので、年齢が低い世代こそ全ての基礎は身につけておいたほうがいいでしょう。

 

 

話が少しずれましたが、ブロックショットもさることながら、その後のファーストブレイクに参加しゴールを決めるシーンも素晴らしいですね。

速攻が走れるセンターがチームにいれば得点する確率がグンと上がるのは確かで、より簡単に点が取れるオーバーナンバーをつくりやすくなるのでチームにとっては大きいですね。

所属するニューオリンズペリカンズでは、この2年まだプレーオフ進出はかなっていませんが、今後の補強やアンソニーデービス自身の移籍によりプレーオフで攻守に渡りより素晴らしいプレーを見たいものです。

ポストプレーに強く、シュートレンジも広い、速攻にも参加できるブロック王なんてこれまで確かに聞いたことがありません。

FIBAワールドカップの代表メンバーにも選考されているアンソニーデービス、NBA入団2年目の21歳なので今後10年は新たなスタイルでNBA、世界バスケットのインサイドの中心プレイヤーとして輝き続ける姿を見せてくれるでしょう。

 

 

 

twitter

コメントを残す