ガードなら誰もが羨むパスセンス、ジェイソンウィリアムス

 

ジェイソン ウィリアムス

ガードポジションでプレーしているプレイヤーなら誰もがのめりこんで見入り、真似したくなるようなプレイをNBAのゲームの中で何度も見せてくれるジェイソンウィリアムス。

ノールックのビハインドパスだけでいえばあのマジックジョンソン以上のテクニックといっても過言ではないでしょう。テレビで見ていればなんとなくガードがパスを出すところは予想できますが、ジェイソンウィリアムスだけは正直読めないというか、パスを出す場所もタイミングも「普通」とは違いすぎました。

テレビの大画面で見ていても読めないプレーをコート上で全力でボールを追いかけている選手が守るのは考えただけでも難しいですし、味方も一瞬たりとも気が抜けないガードでしたね。

NBAに入ったのはキングスが最初のチームで、そこではクリスウェバーやディバッツ、ストヤコビッチなど彼のプレーに遜色のない受け手がいたことも彼を大きく成長させた要因の一つだと思います。

バスケットは出すよりも受けるほうが難しく、合わせや急に飛んでくるパスに対応してシュートを決めるプレイヤーがいるから成り立つプレイですね。

しかし、ジェイソンウィリアムスのど派手なプレースタイルがNBAで注目されたのは短い期間で、タンオーバーが多いことやポイントガードとしてのゲームメイクなどの理由からキングスからはトレードに出されてしまいます。

やはりあれほどギリギリのプレーをするということはミスと背中合わせであるというのがよく分かります。決まればスーパープレイですが、ガードのミスは即失点に繋がるので世界最高リーグのNBAではスタンダードなガードが好まれるのはよく分かります。

それでも見ている方からすると、とても楽しみで、大きな選手が欺かれている姿はとても印象的です。

 

 

ペイトンの顔が怖すぎる・・・あんな怖い笑顔ってあるんですね(笑)

キングスでトレードに出された後はチームを転々としていますが、2006年には、マイアミヒートで、ウェイド、シャックと共にチャンピオンリングを獲得しています。

ウェイドとシャックの印象が強すぎて、ん??と思われた方もいると思いますが、ジェイソンウィリアムス自身もプレースタイルがかなりまるくなり、堅いポイントガードとしてプレイしていたので印象的にはそれほど強いものではありませんでした。

確かにその二人がいるのに通るか通らないか分からないパスを連発していたらどんな監督でも使ってくれないですよね・・・

それでもファンとしてはあのど派手なプレイを見たいのですが、現実的にはバスケットではそういうガードが好まれるということですね・・・少し悲しいですが、考えれば考えるほど確かにそうだな・・・と思ってしまいます。

上の二つの動画を見てくださった方は分かると思いますが、ホントに凄いパスばかりで、明日からやってみようと思われた方もその道で極めると決めた方以外はほどほどに(笑)

 

twitter

コメントを残す