クロスオーバーの代名詞、ティムハーダウェイ

ティム・ハーダウェイ

バスケットのガードプレイヤーにとって必須のドリブルテクニックですが、その中でも最もポピュラーで、ゲーム中にも使用されることが多いクロスオーバーの代名詞となっているのがティムハーダウェイです。

バスケットのクロスオーバーとはドリブルでディフェンスを左右に振り抜き去るテクニックで、最もスピードの出るフロントチェンジで使用されることが多く、ディフェンスの手もボールに当たりやすいと言えますが、はまった時の快感は経験者なら誰もが知るところでしょう。

左右にドリブルをチェンジする単純なテクニックのようにも見えますが、実際にはトップスピードでディフェンスや周りのチームメイトも見ながらおこなうこととなるので、相当な反復練習に加えて、ボディーバランス、経験や感覚からくる間が必要となってきます。

ティムハーダウェイは、NBAのゲームの重要な局面で、クロスオーバーから何度も得点、アシストを重ね、そのプレーはキラークロスオーバーと名付けられるほどでした。

 

 

管理人は、右から左にレッグスルーして、瞬間に右にフロントで切替すクロスオーバーが最も好きで、学生の時に何度も練習したのを覚えています。

トップスピードでやろうとすると左から右にフロントチェンジする時にボールがどっかにとんでいってしまってましたが・・・

それでも反復練習を繰り返すことによりなんとかカタチにはなり、使えるようにもなりました。あれほどキレイに決まったかどうかはご想像にお任せします。

スラムダンクで宮城リョータが「ドリブルこそチビの生きる道」と言っていますが、ガードプレイヤーにとっては他のポジションのプレイヤーには絶対に負けられないとても大切な技術と言えますね。

 

 

ウォリアーズとヒートの印象が2分に分かれるティムハーダウェイですが、ルーキーイヤーからその力をいかんなく発揮し、全盛時は常に20点前後のシリーズ平均得点に加えてアシストも7本から10本を超えるシーズンもありました。

183cmでこれだけの数字が残せるのはホントに凄いことですが、それもあのクロスオーバーがあったからこそと言う方も少なくありません。

また、体格的にも見てわかるとおりとても強く、1本目の動画では、クロスオーバーで抜き去った後の大男達を目の前にして簡単ではないレイアップを何度も入れていたのに目を引かれた方も少なくないでしょう。

ブロックされないように身体を入れるシーンが何度もありますが、あの辺りはNBAのトップガードであっても日本人のガードプレイヤーであっても変わりませんね。

 

 

バスケットは背が高いほどいいと言い切れるくらい身長が高いほうが有利なスポーツではありますが、背が低くても大きなプレイヤーには出来ない技術があればNBAという世界最高のリーグでもこれだけの成績が残せると勇気を与えてくれるティムハーダウェイの記録ですね。

もちろんそのためにはドリブルだけでなくシュート、ウェイトなど並大抵じゃない努力があったことが予想されますが・・・

ガードプレイヤーの方でスタイルがイマイチ決まらずなんとなくやっているのであれば、ジェイソンキッドやゲーリーペイトンのように是非参考にしてほしいポイントガードの1人です。

 

おまけ

昨シーズン(2013-14)のNBAクロスオーバーTOP10ですが、現役プレイヤーもクロスオーバーに長けた選手は何人か決まっているようですね。

NBAプレイヤーがディフェンスでアンクルブレイクと呼ばれる、足をもつらすほど左右に振られているというのは見ている以上に速く、タイミングも絶妙なのでしょう。

 

 

 

 

 

twitter

コメントを残す