王者スパーズを苦しめたマブスのPG、Mエリス

モンテ・エリス

昨シーズン(2013-14)のプレーオフ、ファイナルで圧倒的な強さを見せチャンピオンリングを獲得したサンアントニオスパーズでしたが、結果的に見るとその王者スパーズを最も苦しめたのはファーストラウンドで対戦したダラスマーベリックスであり、その中でも最も輝きを見せていたのがモンテエリスでした。

昨シーズンのプレーオフファーストラウンドでは8戦中5戦が第7戦までもつれこむ大接戦で、そのうち3試合はいわゆる4強の第1.2シードをもっているチームの組み合わせでした。

マブスはシリーズ8位だったためカンファレンストップのスパーズとファーストラウンドで対戦し最終戦までもつれ込む展開で、これだけ多くのカードが最終戦までもつれていたのでファーストラウンドで各チームの調整不足くらいにしか考えていなかったのですが、結果的にファイナルまで見てもスパーズと最終戦までもつれ込んだカードはなく、それどころかサンダーもヒートも大差をつけられたゲームも多く、負け方が非常によくないものでした。

皮肉にもファイナル終了後に再注目されることとなったマブスとエリスですが、サンダーとのカンファレンスファイナル、ヒートとのファイナルを見た後に見ると、明らかに終盤前に結果が分かるほど点差が離れたのは第7戦のみでとても面白いゲームでしたね。

 

 

トニーパーカーとホーム、アウェイ関係なくやりあえていたのはとても凄いことで、ウェストブルックでさえアウェイゲームでは点差を大きくつけられて点数は重ねていたものの勝てそうなゲームには一度もなりませんでした。

ファイナルではチャルマーズがスタートから外されるほど相手になっていなかったですし来季からもエリスには大きく期待できそうです。

 

 

2005年に高校卒業後、NBAドラフト2巡目40位と注目度はそれ程高くなく指名されたエリスですが、同じポイントガードではデロンウィリアムスやクリスポールがアーリーエントリーながら大学から来ていますからその辺りは致し方ないところでしょう。

ゴールデンステードウォリアーズに入団後、初年度こそ出場機会が少なく、中々結果が残せませんでしたが、シリーズ終盤にはスタメン出場したゲームもあり、2年目には半分以上のゲームでスタートで出場し、シリーズ平均16.5得点、4.1アシストと結果を残していきます。

その後も成長を続けたエリスは2009-10シーズンには25.5得点を記録しています。身長191cmのポイントガード(メンバーによりセカンドガードでプレーする時もありました)がNBAのシリーズ平均得点で25点を超えているのには驚きですが、アウトサイドが意外にも得意ではなく、ペネトレイトやファーストブレイク、ミドルショットで得点を重ねるプレースタイルだからこそここまで数字が伸びたとも言えますね。

 

 

しかし、2009-10、10-11シーズンとシリーズ平均20得点を大きく超える活躍を見せていたエリスでしたが、2011-12シーズン途中でバックスへトレードされてしまいます。

当時のトレードの明確な理由は分かりませんが、ステファンカリー、クレイトンプソンとどうしてもポジションが被るエリスなので、チームとしては違う2人を選んだといったといったところでしょうか。

その後、バックスからマブスへ昨シーズン前に移籍し、マブスでは全試合にスタメン出場し、19得点、5.7アシストと立派な数字を残しています。

得点が少なくなってはいますが、マブスには絶対エースのノビツキーがいますし昨シーズンは、ショーンマリオン、ビンスカーターなどのベテラン勢も孤軍奮闘していましたから、ポイントガードのあるべき姿に戻ったと言う方が正しいかもしれません。

来季のマブスはビンスカーター、ショーンマリオンがFAで移籍となってしまいましたが、ニックスからタイソンチャンドラー、ロケッツからチャンドラーパーソンズ等を獲得していて、ノビツキーは残留しているのでどのようなチームになっていくのか非常に楽しみですね。

 

 

 

twitter

コメントを残す