FIBAアジアU18バスケット、日本は2連勝で2次予選へ

先日から開催されているFIBAアジアカップU18バスケット選手権で日本がホンコン・チャイナに96-71で勝利し、2連勝で早々に1次予選突破を決めました。

WEB上ではヤフーなどで一応掲載されていましたが、どのサイトも記事がたったの一行で勝利と点数のみの掲載となっていました・・・試合内容が全く分からないですが、それ程バスケットの試合は面白くないかね?!と言いたくなってしまいますね。

まあ昨日今日始まったことではありませんが、WEB上であの取り上げ方だとバスケット経験者以外がバスケットに興味を持つのはまだまだ難しそうです。

ゲームは前半から22点差を付けた快勝で、試合内容は公式ページに載っていますので、同世代の方々は参考にしてみて下さい。

個人スタッツでは市立船橋の青木太一選手が19得点、14リバウンド、5アシストという記録が光っていますね。

 

 

また、大濠高校の津山尚大選手も18得点と活躍を見せました。ゲームの動画をアップしたいのですが、中々見つけることが出来ず、関連動画ばかりですがあしからず。

 

 

1次予選の最終戦は、チャイニーズタイペイとの対戦となりますが、先日フル代表が参加したウィリアムジョーンズカップが開催されるなど日本よりもバスケが盛んな国で、実際にウィリアムジョーンズカップでフル代表はタイペイのA・Bチーム合わせて3度敗れているので、2次予選に弾みをつけるためにも勝利に期待したいところです。

2次予選では、アジア圏強豪国のイランとの対戦もありますし、決勝トーナメントで中国、韓国といった日本より世界ランクが上の国と対戦する前にしっかりとベストな状態にもっていって欲しいですね。

あと早く動画も・・・・

チャイニーズタイペイとのゲームは今日(8/21)の19:00~おこなわれるので、また明日その結果については書きたいと思います。下の動画はウィリアムジョーンズカップの5.6位決定戦でフル代表がチャイニーズタイペイにオーバータイムの末敗れたものです。

 

 

 

 

twitter

コメントを残す