FIBAアジアU18バスケット選手権始まる、日本は初戦に勝利

先日までチャイニーズタイペイでおこなわれていたウィリアムジョーンズカップでフル代表が8チーム参加中、予選リーグで7戦全敗と厳しい現実を目の当たりにした方も多いと思われますが、U18のアジアカップが8月19日からカタール・ドーハで始まり、日本は初戦のイラク戦81-62で見事に勝利をおさめました。

フル代表が世界ランク35位(アジア圏7位)なのに対し、U18代表は世界ランク28位(アジア圏4位)となっていて、日本より上位の中国、韓国、イランは別グループなので、2次予選までは順調に突破し、上位4チームが残る決勝リーグでその姿が見られることに期待したいところです。

 

 

いや~しかし報道の数が異様な少なさですね・・・少ないのに加えて記事も3行ほどでゲーム内容がほぼ分からないですし、点数すら書いていないものもありました。

動画も必死で探しましたが、まだアップされておらず点差的には快勝なのでいいプレーが見たかったのですがアップされたらまとめて記事にしたいと思います。

管理人もこのサイトを始めるまでは日本バスケットのことはほとんど知らなかったのであまり大きなことは言えないのですが・・・

JBAが大会の特設サイトをアップしていて、同世代の方々や代表選手とプレーしたことのある同地区の方々は興味深いところだと思うので、今後の日程や代表選手をチェックしてみて下さい。

2014、U18アジアカップバスケット選手権、JBA特設ページはこちら。

 

 

こちらは一足前におこなわれたフル代表のアジアカップのゲームですが、日本は6位となっていて、8月末からおこなわれるFIBAワールドカップなどの世界大会にはまだまだ遠い状況となっています。

日本のバスケットは先程も少し書きましたが男子のフル代表が世界ランク35位ともっとも低く、次に男子のユースが28位、女子のフル代表が17位、女子のユースが10位となっていて体格や身体能力の世界との差と思ってしまいがちですが、アジア圏の中で勝てないのをそのせいにしていると一生、世界大会には出られなさそうなので、毎度書きますが他の何か足りてない部分を補って更なる飛躍に期待したいところですね。

 

 

 

twitter

コメントを残す