アメリカ代表、NBA選手の世界大会不参加を検討?!

 

8月末におこなわれるFIBAワールドカップに向けてエキシビジョンマッチをおこなっていたバスケットアメリカ代表の1人であるインディアナペイサーズのエース、ポールジョージが右足を骨折するという大怪我に見舞われ、世界中のファンに衝撃が走りましたが、これを受けてNBAのチームフロントの中では世界大会への出場を止めるべきではないかという意見も出ているようです。

これまでにもそういった意見が無かったわけではないようですが、今回のシーズンを棒に振るような大怪我により本格派して再浮上したといったところでしょうか。

 

 

ファンからすればNBAのスター選手ばかりが揃うドリームチームのゲームを見たいのは当然のことなのですが、NBAチームのオーナーなどはバスケット経験者でない方も多いですからね・・・

実際にポールジョージの来季全休にともなってそのサラリーに加えて、ポールジョージのファンがスタジアムに足を運ばなかったり、チームの成績が上がらなければ観客も減り、プレーオフでも先に進めず、さらにとんでもない金額をロスすることとなります。

代表チームはこれまでに、何事にも変えがたい価値があるものとしてドリームチームを運営してきたようですが、今回の一件で少なからずなにかしらの再検討がなされることは間違いありません。

そんなお金のことばっかり・・・と思ってしまいますが、現実にはそういった方がいないとNBAが成り立たず、あの素晴らしいプレーが見れなくなってしまいますからね・・・ファンとしては少しでもいいプレーを多く見られるような環境になってくれることを祈るしかなさそうです。

 

 

もちろん、世界大会出場を嫌う方ばかりではなく、推している方もいるようなので、今後もドリームチームの圧倒的な強さを世界中に見せ付けてほしいですね。

真剣にプレーした結果、来シーズンを棒に振るような怪我に繋がってしまったのに加えて、これが原因でNBA選手の世界大会不参加となったらポールジョージが可哀想すぎる・・・

少しでも早いポールジョージの復帰を祈って今回はこの辺で。

 

 

twitter

コメントを残す