スケールの大きなプレーでファンを魅了したTマック、Tマグレディー

トレイシー・マグレディー

Tマックの相性で世界中に多くのファンを持つトレイシー・マグレディーは、高校時代からその才能をいかんなく発揮し、高校卒業と同時にNBAへの入団を決め、1997年のドラフト1巡目9位でトロントラプターズに指名されます。

マグレディが9位?!と今となっては思ってしまいますが、大学にも行っていませんし、同時の1位指名は昨季もチャンピオンに返り咲いたティムダンカンですからね・・・3位にビラップスもいますし妥当といったところなのでしょうか。

実際にラプターズに入団して3年はスターターとして定着することが出来ず、1.2年目はシリーズ平均得点も1ケタとなっていて、3シーズン目にようやく平均出場時間も30分を超え、平均得点も15点を超えてきます。

当時のラプターズには全盛時のビンスカーターもいましたし、同じスコアラーとして二人が活躍するのは難しかったのかもしれませんね。

より長いプレータイムを求めたマグレディーは3シーズンをラプターズでプレーした後、オーランドマジックに移籍しますが、マジックのユニフォームの印象が最も強いというファンも少なくないでしょう。

今思い返しても怪我に悩まされたロケッツ時代のことを考えるとマジック時代が身体的には全盛であったことは間違いないかもしれません。

 

 

マジックへ移籍後、スターターというよりエースとして定着したマグレディは、初年度からシリーズ平均得点を26.8と飛躍させ、2002-03には自身キャリアハイとなる32.1得点で初の得点王に輝き、翌年もタイトルを連取するというNBAを代表するスコアラーへとなっていきます。

しかし、チームとしては移籍後初年度からプレーオフに進出したものの、3年連続でファーストラウンド敗退という結果で、2年連続で得点王を獲得した年には21勝61敗という目を覆いたくなるような成績で、プレーオフ進出を逃し、マグレディー自身もトレードを要求するほどでした。

結果的にトレードが成立し、翌年2004-05シーズンからはロケッツでプレーすることとなったマグレディーですが、ロケッツでも変わらずスコアラーとしての活躍を続け、初年度から25得点以上の平均得点をマークします。

初年度は51勝31敗とチーム成績もよく、プレーオフにも期待が集まりましたが、ファーストラウンドでマブスに3–4で敗れています。NBAでは、チャンピオンリングに縁のないスタープレイヤーは数え切れないほどいますが、ここまでプレーオフで勝ちあがれないビッグネームも珍しいかもしれません。

 

 

翌年に腰を痛めたマグレディは、その片鱗は随所に見せるものの、これまでのような爆発的なプレーでファンを魅了することは少なくなっていきました。

腰を痛めたのが26歳のシーズンで、NBAでは30前後が体力的にも経験値的にも最も活躍できる印象が強いので、その後慢性化した腰の痛みでその機会が激減してしまったことは非常に残念です。

上の2つの動画を見ても、NBAの数多いスタープレイヤーよりさらにスケールの大きなプレーが魅力的なマグレディですが、203cmという身長に加えてその長い手足がまさにバスケットをやるために生まれてきたような身体と言えますね。

ダンクやダブルクラッチはもちろんですが、単純にドライブをする姿がこれだけカッコイイ選手はNBAの中でも少ないです。なによりも長いバスパン(言い方が少し古いですかね?!)を少し下げてはいているにもかかわらず、膝下が長すぎて似合いすぎてるのに管理人は興奮してしまいます。

アジア系の体つきからするとどうなってもこうはならないですからね・・・・・

今のNBAを見てもここまでユニフォームが似合う選手は思い出せません。

ドライブ、ジャンプシュート1つとっても華になるマグレディーのような選手がいつかアジア、日本の中から出てくることを願って今回はこの辺で。

おまけ

マグレディーが33秒で13得点を記録した有名な映像です。残り42秒あたりからの動画ですが、8点差を逆転して勝利しています。しかも相手はあのスパーズで、そのシーズンにチャンピオンとなっていますから驚きも倍増ですね。

 

 

スラムダンクの安西先生の言葉で、「あきらめたらそこで試合終了」といった明言がありますが、まさにそのままのプレーと言えますね。

ただ、NBAのチャンピオンチーム相手にこんなこと出来るプレイヤーもマグレディー以外にいるのか分かりませんが・・・・

それでも、NBAのスタープレイヤーでもここまで最後まで諦めずにプレーしているのですから、身体能力、体格に劣る我々アジア系のプレイヤーはよりそういった気持ちを強く持ってプレーしなくてはいけないということを学ばせてくれる動画ですね。

 

 

 

twitter

コメントを残す