NBAサマーリーグ、ドラフト2位のジャバリパーカーが活躍見せる

富樫勇樹の活躍で数多くの日本人ファンも注目するNBAサマーリーグですが、先日おこなわれたNBAドラフト2014で1巡目全体2位でミルウォーキーバックスに指名されたジャバリパーカーが期待通りの活躍をみせて話題を呼んでいます。

 

 

初戦からドラフト1位のアンドリューウィギンスが所属するキャブスとの対戦となり2人ともエンジン全開といったプレーを展開していましたが、ジャバリパーカーはその後も得点を重ね、チームの最多得点、最多リバウンドを記録しています。

フィールドゴール確立が0.41程とイマイチあがっていませんが、チームとして最終戦まで4連敗と苦しい展開もありましたし、シーズンには更なる期待が高まりますね。

 

 

203cm、107kgという体格を活かしたパワフルなプレーの印象が強いですが、上の動画にもあるようにステップバックからのジャンプシュートなどのテクニックやクロスオーバーからのドライブインのスピードも早く、フィニッシュも豪快なダンクだけでなくやわらかいシュートも上手いです。

今のアジア系のプレイヤーの中では絶対に見られないタイプですね・・・・何年か後には見られるように期待したいところです。

少し話がずれましたが、こんなプレーを何度も見せられるとNBAにアーリーエントリーすることも頷けます。シーズンではどのようなプレーを見せてくれるのか楽しみでしかたありませんね。

ただ、チームは昨シーズン(2013-14)15勝67敗と低迷しており、ルーキーのジャバリパーカー1人でどうにかできるレベルではありません。更なるチームの強化が必要となりますがすぐに実行できるものでもないので、その中でも地道に経験を重ねその後の移籍も視野に入れたNBAの上位でプレーしている姿に期待をしたいです。

 

 

twitter

コメントを残す