NBAの中でもずば抜けたダンクセンスでファンを魅了したビンスカーター

ビンスカーター

ビンスカーターといえばダンクと誰もがイメージするくらい飛びぬけたダンクセンスでファンを魅了したプレイヤー、ビンスカーター。

実際に管理人もビンスカーターのジャンプシュートのフォームが思い出せません・・・

そんな方も多いのでは?!と勝手に思っていますが、シーズン平均得点が20点を越えたシーズンも数回あるのでダンク以外でも点はたくさん取っているはずなんですが、ダンクの印象が強すぎるのでしょう。

これほどダンクの印象が強い選手を管理人は他に知りません。

 

 

ジャンプ力はすごいのは当たり前なんですが、他にもビンスカーターくらい跳べる選手はNBAだけでなくアメリカにはたくさんいます。その中でもビンスカーターはダンクセンスや発想が半端じゃありません。

ダンクコンテストで肘までリングに入れたダンクも印象強いですが、FIFAの世界大会で210cm以上ある選手を飛び越えてダンクを決めたのは今でも信じられません。

試合中にそんなことやっちゃうの?!あり??って誰もが思いますが、実際に世界公認の試合でやるのですから相当のセンスというか発想力というか・・・

360°スピンするダンクもそうですが、ハイレベルなダンクを決めた後に体勢が全く崩れていないのがさらにダンクをキレイに見せる印象です。

苦しそうないっぱいいっぱい感が全くありません。

ダンクコンテストならともかく、あのNBAの試合中にそんなダンクをボンボン決めれる選手は本当に限られていると思います。

 

 

どれも凄いダンクですが、やはりラプターズ時代のダンクは異様です・・・

2回飛んでるんじゃないかと思うくらいリング付近でもう1回伸び上がるのはどうやってやるのか日本でもレクチャーしてもらいたいものです(笑)

しかし2001年に負った怪我がなければと思うと非常に残念です。

その後の2.3年は怪我に悩まされ、チームのオフィシャルともひと悶着あり結局ネッツに移籍してあのジェイソンキッドととのプレーには日本からも多くの注目が集まりましたが、カーター個人としてもラプターズの印象を大きく超えることもなく、チームの最高成績もカンファレンスセミファイナルまでと残念な内容でした。

 

 

現在も(2014)まだプレイしていますが、日本では見ることも少なくなってしまいました。

年齢的にも今年で37歳となるので全盛期のジャンプとはいかないでしょう。

経験を重ねることにうまくなるスポーツではありますが、ビンスカーターに関しては上手いリング下やパスは期待していないファンが多いのも皮肉になってしまいます。

現在の絶対エース、レブロンやデュラント、コービーなども規格外に凄いですが、スラムダンクだけの話でいえばビンスカーターがNo.1だと思っている方は管理人だけではないでしょう。

 

https://www.youtube.com/watch?v=ig5fN6XVq-4

twitter

コメントを残す