【NBA】カーメロアンソニーが1試合で62点取ったゲーム

カーメロアンソニー キャリアハイ62ポイント

 

ニックスからサンダーへの移籍を表明し話題を呼んでいるカーメロアンソニー。

日本でもファンがとても多い選手ですが、昨今ではゲームハイライトを見ることも少なくなっていました。

しかし、カーメロアンソニーがNBAの中で見ても普通の選手ではないことに間違いはなく、新天地で更なる活躍を期待しているファンも多いでしょう。

今回は、そんなカーメロアンソニーのキャリアハイとなる62得点をとったゲームを見ていきましょう。

Sponsored Link


2014.1-vsボブキャッツ

こまかいことはさておきとにかく最初にカーメロアンソニーのゲームハイライトをご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=Xi1trwEIzVc

 

管理人はカーメロアンソニーのプレーを記事にする時、必ず使うワードがあります。

「力強いインサイドと美しいシュートフォームから放たれるアウトサイドシュート」

このゲームでもその言葉がしっかりと当てはまる内容だったのではないでしょうか。

カーメロアンソニーのキャリアハイゲームにおけるスタッツは以下の通りです。

出場時間 38:39
得点 62得点
FG確率(3pt含む) 65.7%(23/35)
3pt確率 54.5%(6/11)
FT確率 100%(10/10)
アシスト 0
リバウンド 13
スティール 0
ブロック 0
ファール 1

 

注目したいのはやはりその確率の高さでしょう。

2P・3P共に申し分のない数字ですが、フリースローをゲーム中に1本も外さずに10本沈める難しさは経験者なら誰もが知るところでしょう。

アシスト0というのもいいですね!スコアラーはこれくらい貪欲でないととあらためて思いました。同じチームだとそれはそれで微妙ですが・・・

また、リバウンドの数字はインサイドでも力を発揮するカーメロらしいと言えるのではないでしょうか?!

終盤はややショーにに近いものもありましたが、新天地でもウェストブルックやポールジョージのサポートに回らないプレーにたまには期待したいところです。(ベテランのカーメロがサポートに回るのがチームにとって正しい選択だと現時点では思えるため。)

関連記事



コメントを残す