東アジアバスケットボール選手権2017 日本代表3位でアジアカップへ

はやぶさ

 

Bリーグの初年度も終わったのも束の間、代表チームが東アジアバスケットボール選手権2017に出場しました。

8月におこなわれるFIBAアジアカップ2017への出場をかけた大事な大会です。

東アジアバスケットボール選手権で5位までに入るとアジアカップへの出場権を得ることが出来ます。

メンバーやスタッフは以下の通りです。

東アジア選手権日本代表メンバー及びスタッフ

引用元-JBA

予選リーグ

全6チームでおこなわれた東アジア選手権は、予選を2リーグに分け3チーム総当たりで上位2チームが決勝トーナメントへ進出します。

予選グループ

A 韓国 日本 マカオ
B 中国 Cタイペイ 香港
vs韓国

日本は、初戦で韓国と対戦しました。

世界ランク30位と日本の48位を上回る韓国でしたが、序盤に挙げたリードを最後まで守り切り結果的に78-72で日本が勝利しています。

富樫選手が12得点でスコアリーダーとなっていますが、出場した選手全員が得点するバスケットでチームは勝利をおさめました。

https://www.youtube.com/watch?v=yHZ-M8-wWuI

 

日本 韓国
1Q 23 18
2Q 14 15
3Q 21 23
4Q 20 16
78 72

 

vsマカオ

初戦で韓国に勝利した日本代表は、予選リーグの2試合目でマカオと対戦します。

世界ランクを見ても名前を見つけられなかったマカオ相手に、日本は序盤から猛攻を仕掛け、どんどん点差を広げていき危なげなく119-47と大勝しています。

比江島選手が17得点でスコアリーダーとなっていますが、ベンチ全員出場の全員得点とまさに大勝でした。

https://www.youtube.com/watch?v=3e30n5tbLZM

 

日本 マカオ
1Q 25 15
2Q 31 6
3Q 27 13
4Q 36 13
119 47

 

予選Aリーグを2連勝の1位で突破した日本代表は決勝リーグへとコマを進めます。

この時点でアジアカップへの出場は決定しました。

決勝リーグ

vsチャイニーズタイペイ

決勝リーグ初戦の相手は、Bリーグ2位としたチャイニーズタイペイです。

日本は、序盤から劣勢となりリードを許します。

しかし、後半に入ると流れを掴み一気に逆転を狙いますが、序盤のリードが響き結果的に78-73で敗れています。

https://www.youtube.com/watch?v=xuLetv9fB2g

 

日本 タイペイ
1Q 15 25
2Q 11 15
3Q 21 15
4Q 26 23
73 78

 

出足の10点差が大きく響くゲームとなってしまいました。

マカオ戦同様に比江島選手が20得点でスコアリーダーとなっていて、田中大貴選手が13得点と続いています。

準決勝で敗れた日本は、3位決定戦で中国と対戦しました。

vs中国

世界ランク14位とアジア圏の中で強さを誇る中国相手でしたが、日本は序盤から大量リードを奪います。

その後は大きくゲームが動くことなく、結果的に序盤のリードをさらに広げた日本が76-58で勝利しています。

https://www.youtube.com/watch?v=aKRtW23kNlQ

 

日本 中国
1Q 26 9
2Q 9 11
3Q 22 21
4Q 19 17
76 58

相手メンバーがどうだったのか定かではありませんが、中国に勝利したということに変わりはないでしょう。

このゲームでは、ブラウン選手が21得点の活躍でスコアリーダーとなっています。

アジアカップへ

東アジア選手権で3位に入った日本は、2017年8月におこなわれるアジアカップの出場が決まりました。

すでに組み合わせは決定されており、特設サイトも開設されています。

日本は、予選Dグループで、香港、チャイニーズタイペイ、オーストラリアと同組です。

今大会で敗れたタイペイと強豪のオーストラリアと同組となっていて、予選3位まで2次予選に進めますが、その後のことを考えると少しでも上位で突破してほしいものです。

アジアカップ2017

関連記事



コメントを残す