【NBA】2017ファイナル第3戦ハイライト

NBA2017ファイナル第3戦

 

ウォリアーズの2連勝で始まったNBA2017ファイナル。キャブスのホームに移り第3戦が日本時間の6/8におこなわれました。

ウォリアーズはプレーオフに入り14連勝とNBA記録を伸ばしていますが、前王者のキャブスにとっては絶対に負けられない1戦となりました。

ゲーム展開

ファイナルに相応しい一進一退の続くゲームとなりました。

序盤はややウォリアーズペースかとも思われましたが、第1・2戦とは違い、第3クォーターでキャブスが逆転しリードを奪います。

https://www.youtube.com/watch?v=WXrFtmudjMk

 

第3クォーターを終えて94-89とリードしたキャブスは、第4クォーターもそのままの勢いで攻め続けますが、残り2分半あたりから得点が止まり、6点差を逆転されて結果的に118-113でウォリアーズが勝利しています。

https://www.youtube.com/watch?v=mAfoOtkc4cs

 

Sponsored Link



残り2分半前後で6点リードし、キャブスのオフェンスの段階で「キャブスの勝ちかな」と思った方が世界中にごまんといるでしょう。

管理人もその一人です・・・

ファイナルのゲームで残り2分半が11-0のアウェイチームのスコアリングランになるとは・・・ウォリアーズはホントに恐ろしいチームです。

個人スタッツ

ウォリアーズでは、ケビンデュラントが3試合連続となる30点オーバーの31得点を挙げ終盤の逆転ショットも沈めています。

確率も5割を超えていて、KDのシリーズかと思わせるほどです。

https://www.youtube.com/watch?v=V-G8VrfgMmw

 

そしてクレイトンプソン30得点、ステファンカリー26得点と続きます。

スプラッシュブラザーズ2人で20本放ったスリーポイントは11本決まっています。

デュラントと合わせると15本のスリーポイントを含む87得点とウォリアーズにとっては今シーズンを象徴するようなゲームとなりました。

また、ウォリアーズには珍しく、それ以外の選手で2桁得点を挙げた選手はいません。

https://www.youtube.com/watch?v=x0yY0e66WJk

 

Sponsored Link


敗れたキャブスでは、レブロン39得点、アービング38得点と二人で77得点を挙げるとんでもない活躍を見せています。

しかし、ケビンラブがスリーポイント1/7を含むフィールドゴール確率1/9の9得点にとどまり、あと一歩のところで勝利を逃しました。

コーバーやJRスミスも要所で3ポイントを沈めていた印象は強いです。

https://www.youtube.com/watch?v=PL7kZ4r2Rkg

 

https://www.youtube.com/watch?v=QpWs1gigAZ0

 

スイープとかさすがにないよね・・・

管理人はファイナル前にキャブスの優勝を予想しています。

すでに確率はとても低いものになってしまいましたが、このままスイープなんてことになったら今年のプレーオフはホントにウォリアーズ劇場だけで終わってしまいますね・・・

どちらかの熱狂的なファン以外は少しでも多くの好ゲームが見たいというのが本音で、もう少し様々な展開を予想したいものです。

第3戦は、レブロンとアービングが覚醒した昨シーズンファイナルの残り3ゲームのようなゲームでしたが、それでも逆転してしまうウォリアーズ・・・あまり書きたくありませんが、第3戦を終えてウォリアーズの優勝を確信したファンも少なくないでしょう。

昨シーズン1-3から史上初の逆転優勝を果たしたキャブスですが、今シーズンは0-3からというまた史上初の記録を狙うことになってしまいました。

とりあえず第4戦に勝利し、なんとか雰囲気を変えてほしいところです。

関連記事



1件のトラックバック

コメントを残す