誰もが復帰を望むブルズを再建したPG、デリックローズ

 

デリック・ローズ

マイケルジョーダンの2度目の引退後低迷していたシカゴブルズを一気に強豪チームへと押し上げたデリックローズは、191cmとNBAの中では小柄ながらもそのキレのありすぎるドライブで数々の選手・チームを撃破して来ました。

そのドリブルテクニック、ステップは日本のガードプレイヤーから見ても盗める部分は多く、ファンが多いのもうなずけます。(あくまでドリブルとステップの話で、ジャンプ力やボディーバランスのことは忘れてください・・・)

 

 

しばらくコートでのプレーを見ていないので久しぶりに見るとやっぱりすごいですね。

クロスオーバーとその前のフェイクから身体を入れてあのジャンプ・・・190cmのプレイヤーがNBAで得点を重ねるということはこれほどのことなんですね。ジャンプ力も最初の絵のようなバックスラムなど桁外れですが、ドライブ後に体勢を崩しながらのダブルクラッチの落ち際であそこまでボールをコントロールできるプレイヤーはNBAの中でもそうはいないでしょう。

ガードの象徴ともいわれるドリブルしている姿がこれほど様になるのもボールをつく強さ、高さ、タイミングがどれも素晴らしいからなんでしょうが、そういえばドリブルついているだけでかっこいいと思う選手はあまりいませんね。

 

 

スタッツをみても2シーズン目からは平均得点が20得点をこえていて、25得点を超えたシーズンもありその数字からもすの素晴らしさが伝わってきます。チームとしてもローズのいた時代にはカンファレンスファイナルまで進出していて、ヒートのビッグ3の初年度でしたが1-4で敗れています。

この時ローズは若干23歳で、ビッグ3率いるヒートに敗れたもののその存在感はファンの脳裏に強く残り、今後NBAを引っ張っていくプレイヤーの一人であると誰もが確信するものでした。

翌年もローズが怪我に苦しみながらもチームとしてはシーズン成績を勝率:750以上で終えたブルズには昨年以上の大きな期待が集まりましたが、ローズはプレーオフのファーストラウンド初戦で膝前十字靭帯断裂というバスケット経験者なら誰もが下を向きたくなるような怪我に見舞われてしまいます。

翌シーズンは1試合もゲームに出場することなく、昨シーズン(2013-14)にファン待望の復帰を果たしましたが開幕から僅か11試合目で今度は右膝の半月板損傷となってしまい2013-14シーズンもプレーオフまでローズが復帰することはありませんでした。

来シーズンからの復帰を望むしかありませんが、ファンからは厳しい声も多数上がっているのは事実です。さすがに両膝をやってしまったら本来のプレーが出来ないのではないかというものが最も多いですが、確かにあれだけの大怪我を両膝に抱えてしまったらそう思うのは無理がありません。

プレースタイルを変えての復帰という声も上がっていますが、アウトサイドシュートやパスに重きをおいたローズのバスケットとというのも見てみないと分かりませんがあまり好ましいものではない気がします。

充分すぎるともいえるリハビリ、トレーニングを沈黙のまま重ねていて、チームとしても多額のサラリーを支払っているローズにもう一度チャンピオンリングを目指せるチームにしてほしいと思っているのは間違いなく、誰よりも本人がその可能性を知っているので、まだ25歳という年齢で充分に満足な復帰が出来る可能性はあるとファンならば信じたいですね。

希望の念がだいぶ強いですが・・・これまでにグラントヒルやペニーなど天才と呼ばれながらも怪我に泣かされたプレイヤーも多いですが、デリックローズには復帰と共に更なる活躍を期待したいです。

 

twitter

1件のトラックバック

コメントを残す