【NBA】セルティックス、オーバータイム制し連勝!

ボストンのビル

 

ファーストラウンドで開幕2連敗を喫したイースト1位のボストンセルティックスですが、完全に調子を取り戻してきています。

カンファレンスセミファイナルでは、ワシントンウィザーズと対戦していますが、第1戦を勝利し、第2戦もセルティックスのホームでおこなわれました。

ゲーム展開

初戦で敗れたウィザーズですが、第2戦は序盤から猛攻を仕掛け、第1クォーターで42点をもぎ取り、13点リードします。

しかし、セルティックスも第2クォーターで持ち直し、前半終了時点でのスコアは67-64とどちらに転んでもおかしくない数字でした。

第3、第4クォーターもどちらも譲らず、勝敗はオーバータイムへともつれ込みます。

ウィザーズの3ポイントから始まったオーバータイムでしたが、それまでの接戦が嘘のように流れはセルティックスに傾き、結果的に129-119でセルティックスが勝利しています。

 

Sponsored Link  


第4クォーター最後のウィザーズのオフェンスでは2本のシュートを放ちながらも沈めることが出来なかったのが結果的に全てとなってしまいました。

ウィザーズは、気持ちを切りかえて第3戦に臨む必要がありそうです。

個人スタッツ

個人スタッツを見てみると、アイザイアトーマスとジョンウォールの活躍が突出していることがよく分かります。

アイザイアトーマスが53得点4アシストなのに対し、ジョンウォールは40得点13アシストを記録しています。

また、2人ともフィールドゴール確率が5割を超えていて、ガードファンにはたまらない一戦となりました。

 

また、アイザイアトーマスは、勝負所である第4クォーターとオーバータイムだけで29得点を記録しています。

 

Sponsored Link  


チーム全体のフィールゴール確率も高く、2ケタ得点者も多かったことからたいへん見ごたえのあるゲームとなったのではないでしょうか。

第3戦の予定

第3戦は、ウィザーズのホームコートで5/5の午前9:00開始予定です。

ウィザーズは勝てそうで勝てなかったという雰囲気をホームに帰って一掃してほしいものです。

関連記事



コメントを残す