【NBA】CSF昨季王者キャブスが登場!好プレー続出

ライオンキング

 

先日からスタートしたNBA2017プレーオフ・カンファレンスセミファイナル。

昨シーズン王者、クリーブランドキャバリアーズは昨シーズンカンファレンスファイナルで戦ったトロントラプターズとの対戦となりました。

レギュラーシーズン2位とした昨季王者ですが、ファーストラウンドをペイサーズ相手にスイープで突破し、チームの雰囲気は徐々に上がってきています。

黄色一色となったキャブスのホームコートでおこなわれた第1戦は、序盤からキャブスが好プレーを随所に見せ徐々に点差を離していきます。

第1Qから第3Qまで全てでキャブスがリードする展開となりました。スコアは以下の通りです。

1Q 30-18
2Q 32-30
3Q 34-26

出足がよく、その後もリードするとなると横綱相撲ともいえるゲーム運びでした。

第3クォーター終了時点で96-74と22点差をつけゲームを決定付け結果的に116-105で勝利しています。

 

第3クォーターまでで96得点は、キャブスの得点力を物語っているでしょう。

会場も大盛り上がりで、ほぼキャブスのゲームと言えるほどでした。

個人スタッツを見てみると、キャブスではレブロンが35得点、アービングが24得点とチームを引っ張りました。

相手からするとのせてはいけない2人ですが、マンマークで止めることが出来るのか分からないほどそのプレーは物凄いです。

 

敗れたラプターズでは、ガードのカイルラウリーが20得点11アシストと活躍を見せています。

フィールドゴール確率も5割を超えていて、ポイントガードとして申し分のない働きだったと言えるでしょう。

 

デローザンも19得点と続きますが、やや沈黙といった雰囲気でした。

この雰囲気だとまたスイープかとも思ってしまいますが、イースト2位と3位の激突だけにさすがにラプターズも意地を見せてくれるでしょう。

第2戦は、5/4の午前8:00からおこなわれます。

関連記事



コメントを残す