マブスとニックスで大型トレード、チャンドラーは古巣へ

マブスとニックスの間で6選手が移籍する大型トレードという報道がありましたが、ニックスはタイソンチャンドラーを含む2選手の移籍に対し、マブスからは4選手がニックスへ移籍となります。

以前マブスでチャンピオンリングを獲得しているチャンドラーにとってもマブスにとってもいいトレードになるとは思われますが、エースのノビツキーの衰えなどチームも様変わりしているのでそう簡単に強豪ぞろいのウェスタンカンファレンスでトップの成績を残すのは難しいでしょうが、昨シーズンのプレーオフで最も王者スパーズを苦しめたチームの更なる飛躍に期待したいですね。

 

 

しかし気になるのはニックスですが、絶対エースのカーメロアンソニーもFA宣言しているのに加えてリング下の要ともいえるチャンドラーの放出となっては4選手+ドラフトの権利を手に入れたといってもあまりいい話には思えません。

フィルジャクソンが絡んでいることなのでなにか考えがあってのことだとしか思えませんが、サラリーの高い2選手を放出して、他のFA選手を獲得しやすくなったのは事実ですね。

NBAの中でもレイカーズと共に郡を抜いて資産力があるチームなのでここ14年カンファレンスファイナルへも進出できていないチームをギリギリの贅沢税を払ってでも再建してほしいモノです。

 

twitter

コメントを残す