類稀なシュートセンスで得点を重ねるスコアラー、ケビンデュラント

 

ケビンデュラント

NBAウェスタンカンファレンス、オクラホマシティーサンダーにルーキーイヤーから所属するケビンデュラントは、類稀なシュートセンスをもち、206cmとい身長ながらそのシュートレンジ、シュート力、スピードはこれまでのNBAの中でも比較する相手が見当たらないほど異質とも言えるNBA屈指のスコアラーです。

バスケットにおいて最も攻撃的なポジションといえば本来スモールフォワードですが、NBAに限らず日本のバスケットであっても得点を量産するのはセカンドガードやセンタープレイヤーが多く、そればかりか生粋のスモールフォワードといえるプレイヤーが少ないのは事実です。

日本のバスケットのモデルでいえばスラムダンクの流川楓が最もわかりやすいですが、サイズがあって、シュートレンジも広く、ドリブルもつけて、インサイドでも負けない高さ、強さを必要とされるポジションであり、実際にそんなプレイヤーが数多く存在しないのもうなずけます。

そんなスモールフォワードのモデルにピッタリといえるケビンデュラントのプレーはアウトサイドプレーの比が多いのは事実ですが、長身を活かしたドライブに加えてリング下、またビッグプレイヤーとのディフェンスでのマッチアップなどその存在感は多岐にわたっています。

 

 

あの身長と腕の長さであれだけクロスオーバーなどガードがするようなドリブルをついているのは見慣れてないせいか違和感がありますね(笑)

NBAへ入団した年から今シーズンまで7シーズン連続でシリーズ平均20得点以上をマークしているデュラントですが、30得点を超えているシーズンも3回あり、これまでに得点王を4回獲得していて念願のシリーズMVPにも2014年に輝きました。

NBAで7シーズンしかプレーしていないのにすでに4回の得点王という時点でその凄さを改めて感じますが、話題となったレブロンジェームスとのワークアウトなど常に上を見続けている姿勢も素晴らしいですね。プレー以外にもファンのバスケットモデルとなるべく存在といえます。

それでも、プレーオフではチームとしてファイナル進出を果たしたこともありますが、デュラントが想像以上の活躍をしたシーズンはまだ見れていないのは事実です。逆に想像以下というゲームは何度もあり、2014プレーオフのファーストラウンドで苦戦を強いられたサンダーに対し、米メディアがデュラントを「頼りにならない男」として報道したのは記憶に新しいところです。

もちろん、数回にわたる得点王やMVPという結果があっての期待の裏返しではありますが、ファンからすると残念なことであるのは間違いありません。

 

 

レブロンとこんなにやりあえるプレイヤーはNBAでもほとんどいないですからね・・・・精細を欠いたプレーや弱気なプレーに批判が出るのも致し方ないでしょう。それほどの期待を背負った選手です。

個人タイトルや記録は数多く獲得しているのでこうなると狙うのはチャンピオンリングですが、ここ数年のサンダーはそれが狙える位置にいたのは事実です。ただプレーオフでの負け方はあまりよくなく、4-2や4-1という結果で、接戦というよりは完敗といえるものでした。

今シーズン(2014)でいえば、得点力はリーグ5位とプレーオフで4強に残ったチームで最高位ですが、失点ではリーグ12位と4強の中でワーストとなっていて、それぞれチームカラーがあるといってもやはりオフェンス能力だけでは勝てないということがよく分かります。

今後そのオフェンス力をさらに向上するチームにしていくのか、ディフェンス力を底上げするチームにしていくのか非常に楽しみですが、これまでと違うとファンが思えるようなサンダー、デュラントのプレーに期待したいですね。

 

twitter

コメントを残す