NBAの歴史を変えたセンター、シャキールオニール

 

シャキール・オニール

その圧倒的なパワーとビッグプレイヤーに似つかわしくない身体能力でNBAのリング下をながきに渡り支配したシャキールオニール。シャキールオニールのバスケットのプレースタイルを好まない人はいてもその事実を否定できる人はいないでしょう。

通称シャックとして親しまれ日本でも人気の高かったプレイヤーですが、ドラフト1位でマジックに入団した時からその実力は発揮され、初年度から14シーズンに渡りシーズン平均得点20得点以上、13シーズン10リバウンド以上という成績を残します。

マジックではペニーことアンフィニーハーダウェイの入団後チームは更なる躍進をみせ、ファイナルへも進出しています。シャックはNBAへ入団後僅か3年で自身の活躍によりチームをファイナルへと導き、レギュラーシーズンでは平均29.3得点で初の得点王にも輝いています。

 

 

若いですね~まだまだ細いですし、マジックのユニフォーム姿が一番好きというファンの方も多いようによく似合ってますね。

どれも素晴らしいプレーでしたが、相手の面子がやばかったですね・・・ムトンボにロビンソン、モーニングにオラジュワンまで・・・NBAを代表するセンタープレイヤーを相手にあれだけのプレーが出来るセンターもそうはいないでしょう。

Sponsored Link 


結局マジックでは先程のファイナル出場が最高成績で、FAとなったシャックはレイカーズへと移籍します。

当時まだコービーブライアントもルーキーで、思ったようにチームもまとまらず当時ウェスタンカンファレンスではロケッツ、スパーズ、ジャズといった強豪ぞろいでカンファレンスファイナル進出がやっとという状況でしたが、それでもシャックはシリーズ平均得点25得点以上という成績をレイカーズに入団してから7年間も継続しています。

転機となったのはマイケルジョーダン率いるシカゴブルズを6度のチャンピオンに導いたフィルジャクソンがヘッドコーチに就任した年で、コービーブライアントもその年からシリーズ平均得点を20得点代に乗せ、チームは一気に飛躍しファイナル進出と共にシャック自身初となるチャンピオンリングを獲得します。

 

 

さらにその翌年、翌々年もチャンピオンとなり見事にスリーピートを達成し、シャック自身も3年連続ファイナルMVPというシャック以外ではマイケルジョーダンしか達成していない偉業を成し遂げます。

まさにシャックの全盛期といえ、身体的にもメンタル的にも経験的にも素晴らしく、ダブルチームを仕掛けてもシャックを止められない相手チームは、フリースローが苦手だったシャックにボールを持っていないところでもかまわずファールしてフリースローをうたせるというハックザシャックという戦術が生まれたほどでした。

Sponsored Link 


その後コービーとの不仲説もささやかれフィルジャクソンと共にレイカーズを去ったシャックはドウェインウェイドのいるマイアミヒートへ移籍します。

この時シャックは32歳でしたが、レイカーズで3ピートした時とは明らかに身体面の低下が見られました。しかしその経験値でウェイドをサポートするようなプレーに徹することでよりその力はチームで発揮され移籍後2年目には自身4度目となるチャンピオンリングを獲得しその存在感を世界中にしらしめました。

 

 

その後は故障をともない本来の姿とはいえないプレーが続きますが、それでも並大抵のセンターでは止められず、ヒートからサンズ、キャブス、セルティックスと移籍を重ねましたが、各チームで相応の活躍を見せています。

そして2011年、39歳で引退を表明します。あの体型で39歳までNBAの第一線でプレーできたということに驚きの声も多くあがっていますが、それほど持って生まれた身体能力や身体の強さに加えて自身のトレーニング、周りのサポートが素晴らしかったという証でしょう。

チャンピオンリングを4コ、得点王2回、フィールドゴール確率No.1は9回、3年連続ファイナルMVP、シーズンMPV+オールスターMVP+ファイナルMVPを1シーズンで全て獲得などなど他にも数え切れないほどNBA史上に残る記録の持ち主ですが、ファンの記憶にはさらに強く残っている選手の一人です。

twitter

コメントを残す