命運分けたNBAファイナル、ヘッドコーチの差という意見も浮上!?

 

NBAのファイナル史上最高の平均得点差というスパーズの圧勝で幕を閉じた2014年のNBAですが、その試合内容に様々な意見が飛び交う中、両チームのヘッドコーチの差を指摘する声も上がっています。

これだけの大差がついたことでその理由探しに必至なのもありますが、スパーズの強さだけが目立ったファイナルで、ヒートがこれほど差があるチームだと思えない方も多いのも事実です。(管理人もその一人ですが・・・・・)

2人のヘッドコーチとしてのキャリアですが、スパーズのヘッドコーチであるグレッグポポビッチはスパーズのヘッドコーチに就任して18年目という長いキャリアを持ち初年度以外は全ての年でプレーオフに出場しチャンピオンにも今年を含めて5度輝いています。スパーズの優勝回数はこれまでに5回なので全てポポビッチのヘッドコーチチームによるものですね。また、今年を含めて3回NBAの最優秀コーチ賞を獲得している名将です。

ヒートのヘッドコーチをつとめるエリックスポールストラはヒートのヘッドコーチに就任して6年目で、就任後全てのシリーズでプレーオフに出場していて2度チャンピオンにも輝いています。あのパットライリーのもとでアシスタントコーチを10年程つとめていて、シャック&ウェイドの活躍でチャンピオンに輝いた年もアシスタントコーチをつとめていました。またパットライリーから直接指名を受けてヘッドコーチに就任しています。

こうやってみるとポポビッチのキャリアはとても素晴らしく、NBAを代表するヘッドコーチであることがよく分かりますが、エリックのキャリア・戦績も素晴らしくこれだけではどうこう書けるものではありませんね。年齢も20歳以上離れていますしポポビッチの方が経験があるのは当然です。

 

 

それではあれだけの点差がついたファイナルでのヘッドコーチの手腕についてですが、管理人が注目したのは第5戦の第1クォーターです。第1戦、2戦は終盤まで点差の離れることのない接戦でしたが、第3戦、4戦はスパーズが序盤から大きくリードを広げる展開でした。ヒートが大きくリードしたのはこのファイナルでおそらく第5戦の第1クォーターだけですが、そこでスパーズのように20点差というようにさらに点差を広げられませんでしたね。

その理由はスパーズのベンチワークにあったといっても過言ではないのでは?!と管理人は考えています。タイムアウトのタイミングは誰もが感じるようなタイミングでしたが、開始6分も経たないうちにスターターのダンカンとパーカーをベンチに下げていますね。ベンチメンバーがリーグ最強といわれるスパーズですが、それでもダンカン・パーカーほどのパフォーマンスは考えにくいのであの段階でベンチに下げるのは簡単には出来ないでしょう。

実際に最大14点あった点差は一時4点差まで縮まり、最終的に第1クォーターは29-22という7点差におさまりスパーズは悪いなりにもゲームをコントロールし第2クォーターから爆発的な反撃に転じました。

ヒートで点差が離れている時にレブロン・ウェイド・ボッシュを下げれるかと言われれば確かに難しいですが、そのビッグ3が原因になっていることも見られたので、3試合同じことを繰り返したのは残念ですね。

出す選手、出す選手期待通りの活躍をしてくれなかったエリックも可愛そうですが・・・・・

 

 

また、点差が離れた後ヒートに追い上げを許さなかったスパーズのベンチワークも素晴らしかったですね。

20点以上の点差があっても2ゴールランされたらタイムアウトをとるなど流れを切るように仕向け、タイムアウト明けのナンバープレイを確実に決め逆にまたスパーズの流れにもっていくというシーンが何度も見られました。

実際に第3戦では20点以上離れた得点差を7点までは縮めたヒートですが、第4,5戦では1ケタにすることも出来ませんでした。

少しシーンは違いますが第5戦で大きく点差が離れた状態のタイムアウト明けでフルコートプレスを仕掛け5秒オーバータイムをとったプレーも圧巻でした。

これらはベンチメンバーなども関係ないことなのでヘッドコーチのすごさであることが分かりますね。

実際にどれほど2人に差があるのか、そもそもどちらが上なのかも分かりませんが、このファイナルを見る限りではポポビッチヘッドコーチのベンチワークは素晴らしく、エリックヘッドコーチにはもっと要求したいファンが多かったのは事実です。

チームスタイル、メンバーに違いがあるのでもちろん一概には言えませんが、点差が離れた時のベンチワークは差というよりも違いがあったと管理人は思います。

 

twitter

コメントを残す