【NBA】ウォリアーズ、ホームでウルブズ降し11連勝!

NBA、ゴールデンステイトウォリアーズ、ホームコートアリーナ

シーズンオフにケビンデュラントを獲得した新生ウォリアーズでしたが、開幕戦からスパーズに完敗し、6戦目でレイカーズに敗れ早くも2敗目となり心配するファンも少なくありませんでした。

しかし、そこからは順調なゲームが続き10連勝中です。

第17戦目は、ホームでミネソタティンバーウルブズと対戦しました。

ゲーム展開

連勝中のウォリアーズのホームゲームだったため、序盤から大きくリードする展開も予想されましたが、第1クォーターは33-30でウルブズがリードします。

しかし、そこからはウォリアーズが地力の差を見せつけ第2、第3クォーターで一気に逆転から点差を引き離しゲームを決定付け結果的に115-102で勝利しています。

 

 

それにしても両チームともに役者ぞろいで、NBAファンにとってはたまらないゲームとなりました。

ウォリアーズのバスケットには世界中で様々な声が飛び交っていますが、その強さ故の反応でしょう。

このゲームを終えて、ウォリアーズが15勝2敗のウェスト首位、ウルブズが5勝10敗のウェスト13位としています。

ウェストは早くも上3つが抜きに出そうな感じですが、ウルブズも昨シーズンよりは成績が向上しているので、さらに勝ち星を増やしプレーオフ争いに参加するラインまで行ってほしいです。

Sponsored Link 


個人スタッツ

ウォリアーズでは、このゲームでもカリー34得点・デュラント28得点・トンプソン23得点と3人で85得点を記録しています。

3人ともフィールドゴール確率は5割を超え、カリーに至っては68.4%と素晴らしい数字を残しています。

11連勝・・・強いはずです・・・

 

 

 

 

敗れたウルブズでは、ダンクキングのザックラビーンが31得点を記録しています。

3ポイントを5/12(41.2%)で沈めているのが大きいですが、12本放つスタイルがいいです。

アンドリューウィギンスは、16得点(FG40%)と思ったように得点をあげれませんでした。

 

 

 

若手選手ではどちらかというとインサイドプレイヤーが目立っているので、ラビーンとウィギンスにはもっともっと暴れてほしいところです。

Sponsored Link 


次ゲームの対戦相手と放送予定

次ゲームは、ウルブズがユタジャズ、ウォリアーズがアトランタホークスとの対戦となっています。

残念ながら両ゲームとも放送の予定はありません。

twitter

コメントを残す