【NBA】ニックス、ホームで連勝!7勝7敗でイースト7位に

ニューヨークマンハッタンを双眼鏡で望む

前ゲームで、イースト2位のホークスにホームで快勝したニューヨークニックス。

新チームとなった今シーズンは是が非でもプレーオフ進出を狙いところです。

第14戦目は、ここまで8勝7敗と昨今ではウェストの強豪の仲間入りを果たしているポートランドトレイルブレイザーズと対戦しました。

ゲーム展開

序盤から点差の離れることなくゲームは進み、ファンとしては一時も目が離せない展開となりました。

どちらがに流れが行きかけてはまだどちらかに流れがいき、点差の離れないまま第4クォーターまで進みます。

こうなってくると第4クォーターはさらに激戦となり、最後の数秒までどちらに転ぶか分かりませんでしたが、声援の後押しもありホームのニックスが107-103で勝利しています。

 

 

お互いにディフェンスも相当気合が入っていて、点の入らいない時間帯もありましたが、結果的に勝利したニックスファンとしてはたまらないゲームとなったでしょう。

Sponsored Link 


個人スタッツ

ニックスでは、ポルジンギスが31得点でスコアリーダーとしています。

インサイとアウトサイドで得点を重ね、3ポイントも3本沈めています。

上下どちらの動画にもハイライトされていますが、221cmのステップバックの3ポイントって・・・・・言葉もありません・・・

 

また、ニックスはデリックローズが18得点、カーメロ17得点と続いています。

カーメロはフィールドゴール確率3割台とやや不調でしたが、ローズはしっかりと確率も5割を超え5アシストとしています。

ゲームを決定付けたローズのシュートは流石と言わざる得ないでしょう。

カーメロは、不調ではありましたがベンチワークでも味方選手が得点を決めると立ち上がって拍手を送るシーズンが何度もあり心を打たれました。

一方の敗れたブレイザーズでは、ダミアンリラードが22得点でスコアリーダーとしています。

ローズとのマッチアップを楽しんだファンも多いでしょう。

Sponsored Link 


次ゲームの対戦相手と放送予定

次ゲームの対戦相手は、ブレイザーズがイースト首位のクリーブランドキャバリアーズ。ニックスがシャーロットホーネッツとなっています。

残念ながら放送の予定はありません。

 

twitter

コメントを残す