【NBA】キャブス、ホームでラプターズとの接戦制し9勝目

接戦、追いつくも離される

 

イースタンカンファレンスの首位を走る昨シーズン王者、クリーブランドキャバリアーズ。

ここまで9戦を終え8勝1敗と昨シーズン以上に好調と言えます。

第10戦の対戦相手は、トロントラプターズで昨シーズンのカンファレンスファイナルカードとなりました。

ゲーム展開

キャブスのホームで行われたゲームですが、序盤から両チーム一歩も引かずファンの期待通りのゲームとなりました。

第4クォーター開始時にキャブスが7点をリードしていましたが、アウェイのラプターズが終盤に逆転し、残り数分の攻防は誰にも予想できないスリリングなゲームとなったでしょう。

同じルールのはずですが、NBAの残り2分はホントに長いです。

 

カイルロウリーのテクニカルファールは、アービングがフリースローを外したとはいえゲームの決着の分岐点だったかもしれません。

これでキャブスは9勝1敗とし、ラプターズは7勝3敗となっています。

Sponsored Link 


個人スタッツ

キャブスでは、レブロンジェームズが29得点でスコアリーダーとなっています。

得点以外にも14アシスト、9リバウンドとあわやトリプルダブルというスタッツを残していて、フィールドゴール確率も66.7%と素晴らしいです。

また、カイリーアービングも24得点と続き、チャイニングフライが5本の3ポイントを含む21得点を挙げています。

インサイドでは、ケビンラブが19得点11リバウンド、トンプソンが15得点13リバウンドを記録しています。

トンプソンはフィールドゴールを7/8(87.5%)で沈めています。

 

 

 

一方のラプターズでは、カイルロウリー28得点、デマ―デローザン26得点とガード陣の活躍が目立ちました。

キャブス相手にアウェイであと僅かといったゲームでしたが、今シーズンもプレーオフまで含めてまだまだ素晴らしいゲームを見せてくれそうです。

Sponsored Link 


次ゲームの対戦相手と放送予定

次ゲームは、ラプターズがゴールデンステイトウォリアーズ。キャブスがインディアナペイサーズとなっています。

キャブスvsペイサーズ戦は、WOWOWとDAZNで放送予定です。

レブロンとポールジョージのマッチアップが楽しみなところです。

 

 

twitter

コメントを残す