バスケのシュートが上手くなりたい!その正しい練習方法とは?!

バスケットボールにおけるシュートの重要性

バスケットボールは点を取り合うスポーツなので、点を取るために放たれるシュートの1本1本がゲームを左右するといっていいほど重要です。

もちろん、そのシュートを放つためのチームオフェンス、パス、ドライブなども同じくらい重要ではありますが、最後のシュートが入らなければ点には繋がりません。

チームが勝利するためには、相手チームよりも多くシュートを成功させる必要があり、そのシュートをいかに確率よく成功させるかがバスケットボールのオフェンスにおいてのカギと言えます。

チームのシュート成功確率を上げるためにはチームオフェンスの要素も深く関わってきますが、今回は個人のシュート確率を上げるために練習方法などを見ていきましょう。

 

バスケットのジャンプシュート

 

きれいなシュートフォームを身につける

バスケットボールのシュートが上手い人の共通点は、シュートフォームがきれいだと思ったことはありませんか?!

「きれいなシュートフォーム」というだけでは分かりずらいかもしれませんが、膝からの力が無理なく上半身、リストへと伝わるイメージで、この「きれいなシュートフォーム」というのがシュートを上達させるカギとも言えます。

 

 

 

上の動画はNBAのスター選手のシュートフォームを集めたものですが、各々特徴はあるものの、全身の力をリストへ伝達し、最後のソフトなタッチとしっかりとしたフォロースルーが印象的です。

シュートフォームは人それぞれということもよく耳にしますが、基本的には下の動画のように体の前のボールを頭の上にもっていき、膝を曲げて手首を真っすぐに返すということしかありません。

その動きに左手を添えるだけのシュートフォームが理想と言えます。

 

 

 

昨今ではスマートフォンの普及により簡単にバスケットの練習を撮影できるようになっているので、シュートが上手くなりたいと思ってこのページに辿り着いた方は、まず自分のシュートフォームを撮影してみて、上の2つの動画とどこが違うのか見比べてみてください。

シュートフォームを改善するということは容易なことではなく、はじめは打ちにくく窮屈に感じると思いますが、長い目で見るとあなたのバスケットライフをよりよいものにしてくれることは間違いありませんので、辛抱強くきれいなシュートフォームを身につけましょう。

きれいなシュートフォームでたくさん練習する

自分のシュートフォームが固定されたらあとは練習あるのみです。

バスケットボールは、反復練習により習得できる技術も多く、アウトサイドシュートもそのうちの一つです。

これだけ練習したら大丈夫ということはなく、シュートフォームが固定されているのであれば練習した分だけシュートが上手くなるといっても過言ではありません。

 

 

 

 

上の動画はステファンカリーのシューティングドリルの様子です。

1人のシューターに対し3人のリバウンドパサーがつくことは日本ではあまり見ないかもしれませんが、これだけ動き続けながらディフェンスを想定してのシュート練習がどれほど効果的かは一目瞭然です。

ここまでとは言わないにしても、出来る限りゲームを想定して動きながらシュート練習をすることがより効果的にシュートの確率を上げてくれるでしょう。

まとめ

シュート上達のためにはまずきれいなシュートフォームを身につけましょう。

そのために自分のシュートフォームを撮影し、自分の好きなNBA選手や日本の選手、学校の先輩と比べて改善しましょう。

頭の中ではマイケルジョーダンのようなシュートフォームで打っているつもりでも、実際には程遠いシュートフォームで打っていることも少なくないので、小まめにシュートフォームが固定されるまで撮影は繰り返しましょう。

シュートフォームが固定されたらとにかくたくさん練習しましょう。ライバルはあなたの倍練習しているかもしれません。よりきれいなシュートフォームで効果的なシュート練習を続けているかもしれません。

ただ、疲れてくるとどうしてもシュートフォームが崩れてきます。そのまま練習を続けても効果的とは言えませんし、シュートフォームが崩れた状態で手先だけでコントロールしようとするため逆効果にもなりえません。

疲れた時こそ正しいシュートフォームを心掛け、膝をしっかりとまげて全身で打つ感覚を養いたいものです。

常にチームと自分にとって効果的な練習方法を考え、それを繰り返すことで下の動画のようなトップシューターに近づけるのではないでしょうか。

 

 

 

 

twitter

1件のコメント

  • バスケに夢中な高校生

    参考になりました。
    特にNBA選手のシュートフォームをたくさん見られたのはよかったです。

    きれいなシュートフォームを固定してその後反復練習によりステファンカリーのようなシュート力を身につけたいです。

1件のトラックバック

コメントを残す