カリー38得点の活躍もウォリアーズ、ピストンズに敗れ4敗目

ゴールデンステイトウォリアーズ第41戦vsデトロイドピストンズ

昨シーズンの勢いそのままに圧倒的な強さを見せるゴールデンステイトウォリアーズ。

NBAの開幕連勝記録を塗り替えたのも記憶に新しいところですが、ここまで40試合を終えて37勝3敗とNBA記録の72勝10敗をも塗り替えそうな雰囲気です。

来月にオールスターを控え、その後は各チームプレーオフに向けてさらに激しいゲームが続きそうです。

そんなウォリアーズの第41戦はアウェイでデトロイドピストンズとの対戦となりました。

試合展開

第1クォーターを30-27でリードしたウォリアーズでしたが、第2クォーターはまさかの大崩で38-19とピストンズが前半終了時に16点リードする展開となります。

第3クォーターでなんとか巻き返しをはかりたいウォリアーズでしたが思ったように点差が詰められず結果的に113-95でピストンズが勝利しています。

 

 

 

 個人スタッツ

ウォリアーズは負けゲーとはなりましたが、ステファンカリーは38得点の活躍を見せていて、クレイトンプソンも24得点を記録しています。

ただ、その他の選手がいつもとは違う様子で、バーンズ5得点、グリーン5得点、イグダーラ0得点としています。

チームのシュート成功確率が36.2%とウォリアーズファンにはストレスのたまるゲーム内容となりました。

 

 

 オールスターまでの日程

ウォリアーズのオールスターまでの残りゲームは11試合となっています。

次ゲームでは、イースタンカンファレンスの首位を走るキャブスとの対戦となり、ファンとしては見逃せません。

また、ウォリアーズの素晴らしい勝率に隠れていますが、スパーズもここまで35勝6敗としていて、1/26にウォリアーズと対戦予定です。

ウォリアーズ、スパーズ共にここまでホームでは負けなしですが、ウォリアーズのホームコートでの対戦となります。

オールスター前にもまだ目が離せないゲームが続きますね。

 

 

twitter

コメントを残す