NBAプレーオフ、ポールジョージが遂に爆発!?ペイサーズが息をつなぐ

 

NBA2014プレーオフ イースタンカンファレンスファイナル

シリーズ成績をヒートの3勝1敗で向かえ、後がないペイサーズはここにきてようやくエースの爆発的な活躍により93-90で勝利し、なんとか踏みとどまり第6戦に望みを繋げました。

これまでヒートのレブロンやウェイド、ボッシュ、レイアレンといったスタープレイヤーの前に少し見劣りする部分も感じたポールジョージでしたが、第5戦では37得点という活躍ぶりでエースとしての意地を見せつけました。

フィールドゴール確率も5割を超えて、なによりもアテンプトが多かったのがこれまでのシリーズとは大きく違っていました。

レブロンがファールトラブルで24分しか出場しておらずポールジョージは45分出場しているのでその辺の部分も大きいと考えますが、それでもこの場面でこの活躍が出来る選手はそうはいないでしょう。

ヒバートが38分出場して10得点というのがまだまだ寂しいですが、もうここまで来ると次に期待するしかありませんね。

 

 

一方対するヒートですが、レブロンのファールトラブルが大きな誤算となってしまいました。

僅か24分しか出場できず、7得点とプレイオフキャリアのワースト記録となってしまうなど本人のショックも大きそうですが、内面的にも真のリーダーへと成長を続けるキングは次のゲームでの爆発が予感できますね。

それにしても半分しか出ていないのにトップ5プレイに2つも顔を出すとはさすがキングとしか言いようがありません。

そんな状況でも4人が2ケタ得点をあげペイサーズのホームで3点差のゲームなので、やはりヒートのほうが実力が上回っていると考えるのがスマートといえます。ペイサーズファン以外の方は多くの方がそう考えていると思いますが、第6戦はヒートのホームコートなのでおそらく決着となるでしょう。

もしならなければ?!少しながら期待をしてしまう部分もあるのでやはりペイサーズも強いチームですね。第6戦からも目が離せません。

 

 

 

twitter

コメントを残す