レブロンジェームス通算得点25000点を超える

 

開幕から各チーム4ゲームほど消化したNBA2015-16シーズン。

早くも素晴らしい記録の誕生となりました。

現役選手の中でもトップスターと呼べるレブロンジェームスが通算得点を25000点台に乗せ、史上最年少での記録だけに今後の更なる得点に期待が集まります。

 

 

 

昨シーズンまでに24913得点を挙げていたレブロンジェームス。

通算の1試合平均得点が27.3得点という数字にも脱帽です。

通算得点の順位は変わらず20位ですが、現役プレイヤーの中でレブロンより通算得点が多い選手は5人います。

順位が近い選手から見ていくと、昨シーズン終了時点で16位ポールピアス25899点(平均20.7)、15位ケビンガーネット25949点(平均18.2)、14位ティムダンカン25974点(平均19.5)、7位ダークノビツキー28119点(平均22.2)、3位コービーブライアント32482点(平均25.4)となっています。

ちなみに歴代1位はカリームアブドルジャバーの38387点となっていて、レブロンが今の平均のまま点をとり続けても490試合ゲームを消化する必要のある数字です。

このあたりの数字は、チームのためにプレーした結果ともいえるものなので、レブロンらしいプレーをまだまだ見られればおのずと点数は伸びてくるでしょう。

 

 

 

毎週5試合生中継!NBA見るなら⇒WOWOW

 

 

twitter

コメントを残す