ロケッツ、サンダー降し今季初勝利!ハーデン37得点

 

昨シーズン、カンファレンスファイナルまで進出したヒューストンロケッツが今季に入り開幕3連敗とらしくないゲームが続いていました。

3ゲーム共に20点差での敗退は不安を感じたファンも少なくないでしょう。

第4戦では、先日ウェストブルック、デュラント2人で91得点を挙げたサンダーとの対戦となりました。

ロケッツのホームコートでおこなわれたゲームですが、序盤はサンダーがリードする展開となります。

前半終了時に11点差でサンダーがリードし、ロケッツファンとしてはここまでの3試合の結果がどうしても頭をよぎってしまいます。

それでも後半を逆に16点リードしたロケッツが110-105で今季初勝利をおさめています。

 

 

 

エースのジェームスハーデンが37得点を記録していて、復帰後2ゲーム目となったドワイトハワードも16得点8リバウンド4ブロックとらしい数字を残しています。

 

 

一方の敗れたサンダーは、今季初黒星となりました。両エースが万全の状態であるとその強さはやはり本物ですが、レギュラーシーズンからプレーオフまでこの2チームの戦いはまだまだ激化しそうです。

サンダーはデュラントが29得点、ウェストブルックが25得点としていてチームの状態として悪くない雰囲気は充分でした。

シーズン終了までウェストの上位を担う両チームだけに今後のゲームにも注目ですね。

次ゲームは、サンダーがトロントラプターズ、ロケッツがオーランドマジックとなっています。

毎週5試合生中継!NBA見るなら⇒WOWOW

 

 

twitter

コメントを残す