サンダー、ペリカンズ、プレーオフ争いは最終戦へ


 

先日からウェスタンカンファレンスのプレーオフ出場をかけた争いが白熱していることをお伝えしていますが、残り1試合の状況となっても結果は出ず、最終戦までもつれ込んでいます。

サンダーとペリカンズは現在、44勝37敗という成績で並んでいますが、ペリカンズが8位、サンダーが9位となっています。

直接対決の勝率でペリカンズが上位となっていて、公式サイトを見てもサンダーのプレーオフへの出場条件は、サンダーが勝利し、ペリカンズが負けたときのみとなっています。

 

 

038

 

ウェストブルックの注目度が高いこともありますが、数年の間ウェスタンカンファレンスの上位に君臨したサンダーがプレーオフに出場できるか否かは世界中の注目となっています。

 

 

相変わらず大車輪の活躍ですが、前の試合でテクニカルファールを受けて出場停止のはずがその処分が解かれたことも次のゲームやプレーオフに大きな影響を与えるかもしれません。

一方のペリカンズは、次ゲームで勝てばプレーオフ出場という状況なのでファンとしてはたまらないゲームとなりそうです。

しかも相手は昨シーズン王者のスパーズとなっていて、プレーオフでウォリアーズ相手に勝ち上がろうとするのなら快勝してプレーオフ進出を決めたいところでしょう。

シーズン途中で怪我もありましたが、主軸のアンソニーデイビスは好調で、前のゲームでも24得点11リバウンド6ブロックと素晴らしいスタッツを残しています。

 

 

両チームの最終戦の対戦相手ですが、ペリカンズがスパーズ、サンダーがティンバーウルブズとなっています。

対戦相手的にはサンダーが断然有利に感じますが、ペリカンズがホームゲーム、サンダーがアウェイゲームとこれまたなんともいえない状況です。

毎週5試合生中継!NBA見るなら⇒WOWOW

 

 

twitter

コメントを残す