正確にボールをゴールへ運ぶ配達人、メールマンことカールマローン

 

カールマローン

メールマンの愛称で日本にも多くのファンを持つカールマローンですが、理想的なパワーフォワードといえるプレーが印象的でした。

206cmとNBAの中ではけして大きいほうではありませんが、その代わりに力強さとスピードを兼ね備えていて、ミドルシュートまで得意としたプレースタイルはディフェンスにとっては「嫌」だったのは間違いありません。

それに加えて、ジャズ時代はあのジョンストックトンがポイントガードをつとめていたので、少しでもフリーになればパスが飛んでくるので、相手ディフェンスは一瞬の気も抜けない状況でした。

ストックトンのパスからメールマンというあだ名がついたようにも思えますが、元々は大学時代に付いたもので、大学時代からその正確性を評価されていたのに加えて、ストックトンというポイントガードとプレーすることでさらにそのプレーが飛躍したといえますね。

 

 

シーズンの大半をルーキー時代からユタジャズで過ごしたカールマローンですが、ファイナルへも2度進出しています。2年連続で相手はマイケルジョーダン率いるシカゴブルズでしたが、ブルズの2回目のスリーピートの前に残念ながら敗れています。

正直どちらに転んでもおかしくないというほどおもしろいファイナルではありましたが、相手が悪かったとしか言いようがありませんね・・・ロドマンとのマッチアップでも大いに盛り上げてくれましたが、1歩及びませんでした。

それでもカールマローンとジョンストックトンのプレーは当時のNBAの中でもとても輝いていて、管理人の印象に大きく残っているのはファイナルへ進出する以前の話ではありますが、1993年にユタでおこなわれたオールスターゲームで2人一緒にMVPに選ばれたことです。

お互いにもちろん一人でも絵になりますが、なぜか2人だと1+1=2じゃない雰囲気がもの凄く出ています。プレーでは完全にその算数以上のものは出てたのは間違いありません。

 

 

ストックトンの引退後はマローンもチャンピオンリングを求めて当時3ピート中のレイカーズに移籍しましたが、ファイナルでピストンズに敗れてしまい、結局最後までチャンピオンリングを手にすることは出来ませんでした。

NBAでは誰もが知っている有能なスーパースターでもチャンピオンリングを手に入れることは本当に難しく、伝説のドリームチーム1に選出されたマローンでさえその一人です。バスケットがいかに選手、コーチ、オフィシャル、ファンまでを含めてチームスポーツであるかを物語っていると管理人は考えています。

少し話がずれましたが、カールマローンは以外にも個人タイトルを獲得していないのですが、通算得点はあのジャバーに続く2位と素晴らしい記録を持っています。同世代に得点王を10回獲得しているマイケルジョーダンがいたのもあってタイトルこそ獲れていませんが、毎年ハイレベルな平均得点で積み重ねた素晴らしい記録ですね。通算得点ではマイケルジョーダンを上回っているNBA史上でも2人しかいない選手の一人です。

 

twitter

コメントを残す