ケビンデュラント、キャリア43回目の40点超えでチームを勝利へ

両エースの怪我による戦線離脱で開幕から厳しいスタートとなったオクラホマシティーサンダーですが、2月10日におこなわれたデンバーナゲッツ戦で、ケビンデュラントが自身43度目となる40得点を記録しチームを勝利に導きました。

 

037

 

両エースは既に復帰し、勝率も5割を超えてきたサンダー。

強豪揃いのウェスタンカンファレンスで、順位はまだ10位とプレーオフ圏外ですがシーズン終了時には確実にチャンピオンリングを狙える位置まで順位を上げてくることが予想されます。

 

 

ナゲッツ戦でデュラントは、スリーポイント7/12を含むフィールドゴール確率68.4%を記録していてオールスター後の更なる活躍に期待できそうです。

また、ラッセルウェストブルックも26得点9アシスト5リバウンドと相変わらず好調なプレーを見せていて、ここ数年ウェスタンカンファレンスを引っ張ってきた両エースがこのまま黙っているわけもありません。

それにしても2人で66得点と相変わらずなスタッツですが、そのプレースタイルでここ数年素晴らしい勝率を残しているのでチャンピオンリングは獲得できていないものの異論を唱える人は少ないでしょう。

 

 

アウェイで124得点取れれば、今後のゲームには更に期待できそうです。

毎週5試合生中継!NBA見るなら⇒WOWOW

 

 

twitter

コメントを残す