NBA開幕から1ヶ月、今シーズンの本命は?!

 

053

 

開幕から1ヶ月が過ぎたNBA2014-15シーズンですが、早くもスーパープレーの続出で、バスケットファンにはたまらない日が続いていますね。

逆に怪我人も多く、スタープレイヤーの欠場も少なくはありません。その影響を最も受けているのが昨シーズンウェスタンカンファレンス2位のオクラホマシティーサンダーですが、Rウェストブルックが復帰してきたのでそろそろ下位争いからは抜け出してほしいところです。

さて、ここまで全チーム20ゲーム弱を消化した段階ですが、気付けばすでに約1/4は終了していると言うことになります。

早い・・・早すぎる・・・シーズンオフはあれほど長く感じるのに不思議なものです。

開幕前から様々な予想が飛び交っていた今季の優勝予想ですが、その中心にあったキャブスとスパーズは皮肉にも各カンファレンスの5位につけています。

キャブスが9勝7敗なのに対し、スパーズは13勝4敗となっていて、相変わらずウェスタンカンファレンスは熾烈な順位争いとなりそうです。

それでもキャブスは現在4連勝中とそろそろチームとしてまとまって来そうな雰囲気はありますね。

新ビッグ3の力を存分に見せつけてほしいところです。

 

 

スパーズは主力を休ませながらのシーズンとなっていますが、相変わらず強いですね・・・開幕当初は怪我人も多く昨シーズンとは違うチームのようでしたが、現在8連勝中とその強さはやはり変わりません。そろそろパティーミルズも復帰しそうですし、完全に昨シーズンプレーオフで圧倒的な強さをほこったロスターに戻りますね。

 

 

現在の上位チームですが、

イースタンカンファレンス

  1. トロントラプターズ 13-4
  2. ワシントンウィザーズ 11-5
  3. アトランタホークス 10-6

ウェスタンカンファレンス

  1. メンフィスグリズリーズ 15-2
  2. ゴールデンステイトウォリアーズ 14-2
  3. ポートランドトレイルブレイザーズ 14-4

となっています。

皆さんの感想はどうですか!?昨シーズンもプレーオフに進出しているチームばかりなのでそれほど意外ということもないですが、この6チームが開幕からここまで走ると予想していた方は少ないのではないでしょうか?!

若いチームが多い印象ですが、ポールピアスの移籍したウィザーズが好調なのも色々と感じるところがあります。もちろんチームの中心はジョンウォールですが、シーズン終盤やプレーオフではピアスの経験が必要なときが必ず来ると思われるのでとても楽しみです。

 

 

しばらくは上位チームの勢いが続きそうですが、スタープレイヤーが引っ張る他チームも黙ってはいないでしょう。

イースタンカンファレンスではデリックローズも復帰したシカゴブルズ、ボッシュとウェイドが踏ん張るマイアミヒート、カーメロアンソニー率いるニューヨークニックスもそろそろトライアングルオフェンスが機能してくると信じたいですね。

 

036

 

一方のウエスタンカンファレンスでは先程の上位チームの戦績でも分かるようにイースタンカンファレンスと比べてハイレベルな争いとなっています。

ジェームスハーデン率いるロケッツはハワードが本調子に戻れば、また開幕時のような強さを見せてくれるでしょうし、マブス・クリッパーズもノビツキー、チャンドラー、クリスポール、ブレイクグリフィンなどなどNBAを代表するスタープレイヤーが揃っています。

ペリカンズのアンソニーデイビスも今季の活躍は目覚しいですし、サンダーもウェストブルックとデュラントが復活すれば今の順位は考えにくいですね。

書いていてあらためて思いましたが、現在の上位チームが踏ん張れば踏ん張るほど今季のウェスタンカンファレンスはとんでもない混戦になりそうです。

個人的にはレイカーズのプレーオフ進出を望んでいるんですが・・・・・・・・・

 

 

チャンピオンリングを獲得するためにはシーズン成績で上位に入りプレーオフを優位に進めることも大切な要素ですし、今季の本命って現段階ではかなり難しいですね・・・

特にウェスタンカンファレンスは一歩間違えればスパーズがプレーオフに出られないなんてこともありえるほど混戦と思われます。

そうなるとキャブス有利?!とも単純に考えてしまいますが、まだその本当の凄さを見ることが出来ていないのでなんとも言えないかもしれません。

おそらく、来月の今頃にはまた順位が変わっていると思われるので、チャンピオンリングの話しをするのはもう少し先になりそうです。

毎週5試合生中継!NBA見るなら⇒WOWOW

 

 

twitter

コメントを残す