ディフェンスでチームを支えた遅咲きのセンター、ベンウォレス

 

ベンウォレス

トレードマークとも言えるボンバーヘッドで名を思い出す方も少なくない、ベンウォレスですが、NBAの中では異例の道を歩みスパースターへの階段を登りつめた数少ないプレイヤーの一人です。

まず大きなポイントはNBAのドラフトにかからなかったということで、このサイトで紹介している選手や多くの日本人がしっているNBAのスーパースターはアーリーエントリーでない限りほとんどの選手がドラフトから入団しています。

おまけにその後のサマーリーグでもプレーしましたが、その力は認められず、解雇となりイタリアでプレーした後に、そのプレーが目にとまり念願のNBA入りを果たすという経歴の持ち主です。

NBAへ入団後もすぐには注目されずに出場機会も少なかったのですが、ディフェンス力で頭角を現し始めていたウォレスは、ブレッツからマジックへ移籍し、その後ピストンズへ移籍した際に完全に開花し、有能なチームメイトにも恵まれて素晴らしい成績をおさめました。

 

 

なぜこれほどまでに時間がかかったのかと考えるとやはり身長の低さが最大の原因であり、206cmとNBAのセンタープレイヤーではかなり小柄なウォレスは、アウトサイドに近いプレーも当然求められ、実力を発揮することが出来ませんでした。

しかしピストンズのオフィシャル人は、パワーフォーワードに3ポイントまで打てるラシードウォレスを入れ、ベンウォレスのポジションをリング下付近に固定することにより、いわゆる縁の下系の仕事を得意とするベンウォレスは躍動し、ポイントガードのビラップスを中心として強力なオフェンス力を手に入れました。

ベンウォレスのベースラインのジャンプシュートは正直目をつぶりたくなるような「シーン」であり、フリースローも苦手でしたが、リバウンドからのインサイドプレーはド迫力で粘り強く、相手にとって脅威だったのは間違いありません。

 

 

しかし、ベンウォレスの本当の力は、オフェンスではなく、ディフェンス面で大きく発揮されていました。個人タイトルを見るだけでもその実力は一瞬で理解できるほどですが、リバウンド王を2回、ブロック王を1回、最優秀ディフェンスプレイヤーを4回も獲得している程です。

ブロック王のタイトルも獲っていますが、それ以上にウォレスのブロックを嫌がって外れたシュートのことを考えると、その存在はとても大きく、ディフェンスリバウンドも強い、チームとしては本当に助かるプレイヤーと言えますね。

バスケットはディフェンスやリバウンドなど地味な仕事でも評価され、かっこよく見えるところが管理人はとても好きです。

 

 

シーズン成績においても、ピストンズ時代にファイナルに2度進出していて、1度はあのシャック&コービー率いるレーカーズを倒しチャンピオンリングを獲得しています。シャックとのマッチアップは「見物」以外のなにものでもなく、もちろんシャックを完全におさえこむ事は不可能でしたが、多くの記事にもあるように、ピストンズは、シャックにダブルチームに行かずに、ダブルチームにいく他のチームほどの点数にシャックをおさえました。ベンウォレスのディフェンス力がその他の4人をおさえる(特にコービーブライアント)ことへ繋がったのは間違いありません。

一人でマッチアップしたら30点取られてもよくやったくらいに思われてるシャックはそれほど当時、特別なプレイヤーだったということですね。どんだけ~・・・思わず出てしまいました・・・

バスケットでディフェンスが大事だというのはよく言われ誰もが知っていることなのですが、どうしてもオフェンスに目がいったり、プレーが偏ってしまうのも事実です。しかし、ベンウォレスように体を張って、ファウルぎりぎりのラインでチームのリング下を守る。。そんなプレーに心を惹かれる管理人なのでした。。

 

twitter

コメントを残す