LAクリッパーズ、ホーネッツに快勝し8勝目

 

昨シーズンと主要メンバーがほぼ変わっていないロサンゼルスクリッパーズですが、12試合を終え7勝5敗とイマイチ波に乗れていません。

昨シーズン3位のメンバーを要し、スパーズやサンダーも好調とは言えないので、首位独走でもいいくらいだと思うんですが、なかなかそう簡単にはいきませんね。

それでも13戦目となるホーネッツ戦では、アウェイながら113-92の21点差で勝利し今季8勝目を挙げました。

この日はインサイドとアウトサイドの要であるクリスポールとブレイクグリフィンが共に22得点の活躍を見せ、それぞれ15アシスト、16リバウンドでダブルダブルも同時に記録しています。

 

 

こうやってハイライトだけ見てるとそんなに負ける感じがしないんですけどね。

1人でも止めにくい選手が2人のコンビネーションもバッチリとこれば止めにくさは倍以上でしょう。

これまでよりもうひとつ上に行くためにはこの2人の活躍に期待するべきなのか、それ以外の選手がもっと活躍するべきなのかとても難しいところです。

また、ベテランのジャマールクロフォードも26分の出場で21得点と好調でした。

3ポイント確率5/8というのもさすがです。

 

https://www.youtube.com/watch?v=ezupqS5RiWY&list=UU-Ba10Rmz8pFivAVdQNeFyw

 

シュートを放った後にフォロースルーだけじゃなく体も残す仕草って流行ってるんですかね?!

ケビンデュラントの印象が強いですが、完全に入ったと思ったときしか出来ないことなので、真似するのは中々難しそうです。

ディフェンス戻らないで怒られたらたまりませんしね・・・でもかっこいいです。

一方のホーネッツはどうしてもペイサーズから移籍したスティーブンソンに目がいってしまいますが、28分の出場で3得点でした・・・フィールドゴール確率1/8・・・次回に期待しましょう。

次ゲームはクリッパーズがデトロイドピストンズ、ホーネッツが好調ブレイザーズとなっています。

毎週5試合生中継!NBA見るなら⇒WOWOW

 

 

twitter

コメントを残す