キャブス久々に快勝!レブロン、ダブルダブルの活躍

 

開幕前の海外賭けサイトで、優勝予想オッズが1番人気にもなっていた新生クリーブランドキャバリアーズでしたが、開幕から12戦を終え5勝7敗とファンの期待するゲーム内容とは少し離れていました。

しかし、第13戦目となるオーランドマジック戦で106-74と久々の快勝で、そろそろか?!と期待をさせてくれるものでしたね。

マジックも6勝9敗と今シーズンも苦しい展開となっていますが、相手はどうであれ、4クォーター全てでリードを奪って32点差の勝利というのはさすがです。

 

 

この日の主役はなんといってもレブロンジェームスで、29得点11アシストのダブルダブルでチームを引っ張りました。

アービングとケビンラブがそれぞれ12得点となっているので、レブロンのいるチームはヒートのように、ビッグ3であっても、残りの二人が少し引いたほうが強いのか?!とも感じてしまいます。

ただ、ヒートの時とは違いケビンラブもアービングも若いですからね・・・そんなんじゃぁファンとしてはイマイチ納得がいかないところではあります。

バレジャオも相変わらずいいですね。レブロンのアシスト先はアウトサイドよりも圧倒的にインサイドのほうが多いような気がします。

ショーンマリオンが先頭走ってる姿もたまりませんでした。

これで6勝7敗の7位につけたキャブスですが、まだまだ課題は多そうですね。気付けば13ゲーム終わっていますし悠長なことを言っていたらすぐにオールスターが来てしまいそうなので、そろそろチームとして確立してほしいものです。

キャブスの次ゲームは、ポールピアスも好調なワシントンウィザーズとなっています。

 

毎週5試合生中継!NBA見るなら⇒WOWOW

 

 

twitter

コメントを残す